「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【北海道日本ハムファイターズ発】日本一のアクシデント集

2017 7/10 10:01sachi
北海道日本ハムファイターズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 hfordsa on Flickr

2016年の日本シリーズで見事優勝を果たした北海道日本ハムファイターズ。新シーズンの連覇が期待されるチームですが、その一方で近年残してきたアクシデントの数々も日本一の名に恥じない(?)ものが揃います。 この記事では、近年のファイターズから発生したアクシデントをご紹介していきます。

球界の至宝、大谷翔平を襲った2016年のアクシデント・1

現在のファイターズには球界屈指の名選手が名を連ねますが、中でもやはり大谷翔平選手の注目度は群を抜いています。投打の二刀流として規格外の能力を発揮、常識では計り知れない活躍を見せている球界の至宝です。
そんな大谷選手に最も懸念されるのがアクシデントによる戦線離脱。特に昨シーズンは幾度かの怪我に見舞われ、出場試合数に影響が出る離脱も経験しました。
昨年7月、投手として先発出場した大谷選手は右手にできたマメの影響で緊急降板。その後の経過が思わしくなかったようで、再び投手として試合に出場できたのはペナントレースも終盤に差し掛かった頃でした。
その間は打者として中軸を担い、出色の働きでチームに貢献しましたが、8月には体調不良で出場を緊急回避するといったこともありました。

球界の至宝、大谷翔平を襲った2016年のアクシデント・2

歴史に残る大逆転で2016年のパ・リーグ、そして日本シリーズを制したファイターズ。マメが完治してからは、打者としても投手としても主役級の活躍を見せた大谷選手ですが、再びアクシデントに見舞われます。右足首の故障により2017年のキャンプ始動を出遅れ、ピッチングに関してはほとんど練習ができないという状況に陥ったのです。
この故障の原因として、11月に行われた日本代表の強化試合やシーズンオフの自主トレが指摘されていましたが、実際には日本シリーズの試合中で痛めたのが始まりだったことが判明しました。
もともと足首には捻挫癖があるという大谷選手。これからもアクシデントには注意を払ってほしいところです。

おすすめの記事