「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【横浜DeNAベイスターズ】なぜ起きた!?アクシデント5選

2017 7/10 10:01sachi
横浜DeNAベイスターズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 DX Broadrec

昨シーズンはラミレス監督の就任でAクラス入り、初のクライマックスシリーズ進出と、明るい話題で締めくくった横浜DeNAベイスターズ。 そんなベイスターズで近年に発生した面白いアクシデントのいくつかをご紹介します。 珍プレーにジンクスにマスコットと話題はつきません!

キャッチャーの果敢な送球が裏目!イタすぎる失点シーン

2015年5月、ジャイアンツとの公式戦で発生したアクシデントです。4回表で0-3とリードを許し、ベイスターズとしては失点追加は避けたいところ。
2アウトでランナー1、3塁という局面、相手打者は亀井選手。その初球で1塁走者が盗塁を試みますが、その動きを読んだ井納翔一投手は瞬時に高めのボール球を投げました。キャッチャーの髙城俊人選手は、捕球するやすかさず2塁へ送球。
しかし、微妙に崩れたフォームで投げたボールは、なんと、かがんだ姿勢になった井納投手の背中に当たりセカンドベースから大きく逸れてしまうアクシデント。その間に3塁ランナーは悠々とホームベースを踏み、ジャイアンツに4点目を献上してしまいました。
井納投手は痛がったものの大事には至らず。しかし直後にピッチャー交代というイタすぎる結果になりました。

バント処理でびっくりアクシデント!DeNAの失点が止まらない

2014年4月のタイガース戦では、送りバントの処理で仰天のエラーにより失点を喫しました。9回の守備で相手打者の大和選手は送りバントを選択、この打球を処理した山口俊投手は2塁で刺そうとしますが、間に合わないと判断して1塁へ送球。
しかし、1塁のベースカバーに入った宮崎敏郎選手はボールが2塁にいったと思い込み、よそ見をして送球を後逸。ボールが転々としている間に1塁走者は一気にホームインし、タイガースに6点目を献上してしまいました。
このハプニングには、当時の中畑清監督もベンチで口を開けたままぼう然。1軍昇格後初の試合で大チョンボを犯した宮崎選手にとっては、わずか2日でのファーム降格という苦いアクシデントになりました。

おすすめの記事