「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの伝説の選手も!中日ドラゴンズにまつわるアクシデント

2017 7/10 10:01sachi
中日ドラゴンズ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Wifiusb

プロ野球セ・リーグの中日ドラゴンズに降りかかった、思わずズッコケてしまうようなアクシデントをご紹介します。 数々の名選手が所属してきたドラゴンズですが、華麗な技術や熱いプレーの裏側には、珍プレーやハプニングなどのアクシデントも存在します。 それらから代表的なものを選んでみました。

ドラゴンズが誇る(?)ハプニングの達人、宇野勝選手の武勇伝・1

かつて中日ドラゴンズでプレーした宇野勝選手。遊撃手では珍しい長距離バッターとして、1980年代を中心に活躍した名選手です。ドラフト会議で宇野選手を3位で指名したドラゴンズは、その強肩と守備力を評価していました。しかし、宇野選手を全国的に有名な存在にしたのは、いわゆる「珍プレー」と呼ばれる試合中のハプニングです。
宇野選手のハプニングで最も有名なのが「宇野ヘディング事件」です。1981年8月のジャイアンツ戦、ショートやや後方のポップフライに対し、照明が目に入った宇野選手は目測を誤って打球をグローブでなく頭に当てます。よもやのエラーの瞬間をカメラがはっきりと捉えていたことから、プロ野球屈指の珍プレーとして語り継がれることとなりました。

ドラゴンズが誇る(?)ハプニングの達人、宇野勝選手の武勇伝・2

前述の「宇野ヘディング事件」で失点を喫しながら、9回を完投して勝利投手となった星野仙一氏。当時から激情型だった星野氏ですが、面倒見の良さで後輩に慕われる存在でした。痛恨のエラーを犯した宇野選手を、星野氏は試合後に食事に誘いました。これを身内の都合で一度は断った宇野選手ですが、結局は星野氏の運転する車についていき、そして赤信号で停止した星野氏の車に追突しています。
また、1984年5月のホエールズ戦では、右翼ライン際へ浅いフライを打ち、ホエールズの高木由一選手がこのボールを落球。それを見て1塁ベースを蹴り2塁へと猛ダッシュを図った宇野選手ですが、その際に1塁ランナーの大島康徳選手を追い抜いてしまい、アウトとなる珍プレーを披露しました。

おすすめの記事