「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【気分上々!】広島東洋カープの「神ってる」アクシデント5選

2017 7/10 10:01sachi
広島東洋カープ,ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 HKT3012

2016年シーズンはまさかの独走でセ・リーグを優勝した広島東洋カープ。 圧倒的な勝負強さは流行語「神ってる」を生み出し、ファンの期待は早くも今季に向けられています。 そんな広島カープにも、数々のアクシデントやハプニングが襲い掛かりました。そのいくつかをご紹介していきます。

25年ぶりのリーグ制覇がもたらした、局地的デフレーション

広島の地に久々に「セ・リーグ優勝」の文字が躍った2016年。待ちに待ったファンの方々は、実に25年振りとなる勝利の美酒に酔いしれました。県からは祝賀メッセージが届き、広島市中心部のデパートでは優勝記念セールがスタート。祝福ムード一色となった広島では、商品やサービスを無料で提供する企業まで現れたのです。
広島駅前のゲームセンターでは、設置しているゲームすべてをフリープレイとし無料開放しました。広島弁護士会は法律相談を無料に、飲食業各店ではラーメンの替え玉や焼鳥、ステーキなどを無料にする大盤振る舞い。食品関係にも無料の商品が登場したほか、通常の20~30%オフは当たり前という状態で、いわば局地的なデフレーションという歓喜のハプニングが巻き起こりました。

25年ぶりのリーグ制覇がもたらした、新シーズンへのフィーバーぶり

広島カープ25年振りのセ・リーグ優勝。その歓喜と興奮は年が変わっても衰えていません。2017年シーズンのホーム公式戦入場チケットが3月1日に発売されましたが、わずか3日間で全69試合分の指定席が完売するという驚きの結果になったのです。
指定席の完売は球団側にとって目標でもありますが、これほど短期間に売り切れることは滅多にありません。事実、3日間での指定席完売は広島カープの史上最速記録となる嬉しいアクシデントです。
このフィーバーぶりに、選手会の副会長を務める丸佳浩選手は、「チケットが売れているみたいでファンの期待を感じています。今年も結果で応えたいです」というコメントを残しました。

おすすめの記事