「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

球界に中継ぎ革命をもたらした!江夏豊選手【球史に名を残した偉人達】

2017 6/30 12:56cut
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

野村監督と共にチームを去り広島へ

1977年に最優秀救援投手のタイトルを獲得したものの、野村監督の移籍にともない自身もトレードを希望し、広島カープへと移籍することになった江夏選手。阪神時代同様に中継ぎとしてチームに貢献。移籍後2年目の1979年、1980年と2年連続で最優秀救援投手のタイトルを獲得しリーグ優勝に貢献。山本浩二選手、衣笠祥雄選手らのレジェンドと共に「赤ヘル旋風」を巻き起こしている。
特に1979年は中継ぎ投手として史上初のMVPを獲得するなど文字通り「革命」をもたらした。また、その年の日本シリーズでは球史に残る「江夏の21球」を経て日本一を達成した。
1980年に連覇を達した後に江夏選手は日本ハムファイターズへと移籍。再びパリーグへ戻り、2年連続で最優秀救援投手のタイトルを獲得するなど健在ぶりを見せた。3年間日本ハムでプレー後に西武ライオンズへ移籍し、1年間プレーしたがここでは衰えも見られ1年で退団。
通算206勝158敗193セーブ、防御率2.49の成績はまさにレジェンドにふさわしく球史に残る選手といっても差し支えないだろう。先発、中継ぎとして活躍した第一人者の江夏選手は球界に大きな影響を与えており、現在の中継ぎ地位向上に一躍を買ったのだ。
江夏選手が中継ぎ転向を承認していなければ、今のプロ野球界は大きく変わっていたかもしれない。

おすすめの記事