「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

球界に中継ぎ革命をもたらした!江夏豊選手【球史に名を残した偉人達】

2017 6/30 12:56cut
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

江夏豊選手とは

江夏豊選手は大阪学院大学高校時代に甲子園出場経験がなかったものの、プロのスカウトから注目を浴びていた。それは第2回にあたる1966年のドラフトで読売ジャイアンツ、阪神タイガース、東映フライヤーズ、阪急ブレーブスの4球団から1位指名されたことからもよくわかる。
抽選の末に阪神への入団が決まった江夏選手。当時はドラフト指名を受けても入団拒否をする選手が多い中で江夏選手は入団に至っている。阪神に同期で指名された10人の選手で入団に至ったのは、江夏選手含めてわずか4名だった。
阪神入団後1年目から江夏選手は12勝、225奪三振を挙げる活躍を見せ、2年目にはプロ野球記録となる401奪三振を記録。阪神、南海ホークス、広島カープ、日本ハムファイターズ、西武ライオンズと5球団を渡り歩き、206勝158敗193セーブをマークし名球会入りの資格を手にしている。
これだけの記録を残しているものの、最終所属となった1984年の西武では引退式の場が与えられず、名球会の協力があり引退式を多摩一本杉球場で行った。
その後、メジャーリーグ挑戦を目指したが夢は叶わずそのまま引退となっている。

1年目に12勝・225奪三振をマークするも新人王にはなれず

現役時代に多くの記録を打ち立てた江夏選手。その1つに高卒1年目で達成した12勝、225奪三振が挙げられる。セ・リーグでは2013年に藤浪晋太郎選手が10勝6敗、126奪三振、防御率2.75の記録を達成した。このセ・リーグにおける高卒1年目での二桁勝利は1967年の江夏選手以来と報道も多くされていたこともあり、ご存じの方も多いだろう。
入団1年目の江夏選手は開幕6戦目となる大洋ホエールズ戦でデビューを飾る。初登板初勝利を目指したものの、初回に4点を失うなど2回で降板。初登板の江夏選手は2回4失点(自責3)、被安打4とプロの洗礼を浴び敗戦投手となってしまう。初勝利を挙げたのは3試合目の先発となった4月29日の広島カープ戦だった。江夏選手は広島打線を9回1失点(自責1)、被安打2、与四球2、奪三振10で封じ込め初勝利を完投勝利で飾っている。
その後は、先発ローテーションを任されオールスターまでに7勝を挙げる活躍。当然のようにオールスターへと選出されている。後半戦も登板数を増やし最終的に12勝13敗、230.1回、奪三振225、防御率2.74と高卒新人1年目にしては期待以上の成績を残した。225奪三振は高卒1年目としては2016年終了時点でも破られていない記録である。しかし、社会人出身の武上四郎選手(サンケイアトムズ※現東京ヤクルトスワローズ)が打率.299、3本塁打、27打点の成績に加え、リーグ1位の守備率を誇り新人王を獲得。江夏選手は新人王受賞とならなかった。

おすすめの記事