「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松井裕樹選手へ5球団入札!2013年ドラフトを振り返る

2017 6/30 12:56cut
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ygor/Shutterstock.com

2013年のドラフト事情とは?

第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催され調整に苦しむ選手も出てくる中で始まった2013年のペナントレース。
シーズンでは田中将大選手(現ヤンキース)、アンドリュー・ジョーンズ選手、ケーシー・マギー選手(現巨人)らの活躍で東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設以来初のリーグ優勝。田中選手は前人未踏の24勝1セーブという記録をひっさげて日本シリーズに臨む直前にドラフト会議は行われた。
この年の目玉は前年(2012年)夏の甲子園で大会史上最多となる10者連続三振、1試合22奪三振を記録した松井裕樹選手(桐光学園高)だ。そして、大学生では大瀬良大地選手(九州共立大)が福岡六大学で38勝、防御率1点台を記録しており即戦力として注目が集まっていた。
他には藤浪晋太郎選手(阪神)の一学年下ながらバッテリーを組み春夏連覇に貢献した森友哉選手(大阪桐蔭高)、東京ガスのエースである石川歩選手あたりも1巡目指名候補として取り上げられていたのが2013年だ。

1位指名で10球団が重複

ドラフト1巡目は大方の予想通りに松井選手に人気が集まり5球団競合となった。ここで当たりくじを引いたのはパ・リーグ制覇で勢いに乗る楽天だった。前年(2012年)の森雄大選手(東福岡高)に続き2年連続で抽選に勝ち運の強さを見せた。
大瀬良選手、石川選手はそれぞれ広島、ロッテが交渉権を獲得。即戦力候補として期待の高い投手を補強することに成功している。阪神が獲得に動くと思われていた森選手は西武が一本釣りに成功。
また、日本ハムは3度抽選を外す結果となっている。

【ドラフト1巡目指名重複選手】
松井裕樹選手(桐光学園高):☆楽天、日本ハム、DeNA、ソフトバンク、中日
大瀬良大地選手(九州共立大):☆広島、ヤクルト、阪神
石川歩選手(東京ガス):☆ロッテ、巨人

【単独1巡目指名】
吉田一将選手(JR東日本):オリックス
森友哉選手:(大阪桐蔭高):西武

【ハズレ1巡目指名重複】
柿田裕太選手(日本生命):☆DeNA、日本ハム、阪神
杉浦稔大選手(國學院大):☆ヤクルト、ソフトバンク

【ハズレ1巡目指名】
小林誠司選手(日本生命):巨人
鈴木翔太選手(聖隷クリストファー高):中日

【ハズレハズレ1巡目指名重複】
岩貞祐太選手(横浜商科大):☆阪神、日本ハム

【ハズレハズレ1巡目指名】
加治屋蓮選手(JR九州):ソフトバンク

【ハズレハズレハズレ1巡目指名】
渡辺諒選手(東海大甲府高):日本ハム

☆は交渉権獲得

おすすめの記事