「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高校、大学共にビッグ3が注目を浴びた2007年のドラフトを振り返る

2017 6/30 12:56cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

西武は裏金問題により指名権剥奪

2007年のドラフトは埼玉西武ライオンズの裏金問題が発覚したことで例年と様相が違っていた。
シーズンの開幕前3月上旬に西武の太田秀和球団社長がアマチュア2選手に1300万円前後の裏金を支給していたことを認め謝罪を行った。この一件があり西武はドラフト史上初の指名権剥奪となったのだ。
西武はドラフト1巡目から3巡目までを剥奪となり、高校生ドラフトの上位選手を指名することは出来なかった。そのために、11球団から遅れて4巡目で武隈祥太選手(旭川工業高)を指名したのが高校生ドラフトにおける最上位指名となっている。
この武隈選手が2014年から中継ぎでブレイクし2015年、2016年シーズンは2年連続で60試合以上に登板。今や、ブルペンでの中心的な存在となっているから野球は面白い。

高校生ドラフトはビッグ3に人気が集中

この年の高校生ドラフトで注目を集めたのは「高校ビッグ3」と呼ばれた中田翔選手(大阪桐蔭高)、佐藤由規選手(仙台育英高)、唐川侑己選手(成田高)だ。中田選手は1年時から超高校級スラッガーとして話題を集め「平成の怪物」とも称されていた。高校通算87本塁打だけでなく150キロを超えるストレートを投げており、今の時代なら大谷翔平選手にあやかり「二刀流」ともてはやされていただろう。

そして、2007年夏の甲子園で史上最速となる155キロを記録した佐藤由規選手。そのスピードボールに魅力が詰まっており、ドラフトでも人気を集めることが予想されていた。

成田高の唐川侑己選手も2006年春のセンバツで2試合に登板し18回を投げ自責点2、2007年夏の甲子園では強豪の広陵高相手に延長12回2失点完投。敗れはしたものの、まとまりの良さが注目を集めていた。

1巡目の入札では「高校ビッグ3」に指名が集中。

中田翔選手:オリックス、阪神、ソフトバンク、日本ハム
佐藤由規選手;ヤクルト、楽天、横浜(現DeNA)、中日、巨人
唐川侑己選手:広島、ロッテ

と指名権を剥奪された西武を除く11球団が3選手へ入札を行った。抽選の末に中田選手は日本ハム、佐藤選手はヤクルト、唐川選手はロッテがそれぞれ交渉権を獲得し入団に至っている。

3選手共に紆余曲折ありながらも2017年現在も現役を続けており、各チームの主力として活躍。アマチュア時代のビッグ3がそろってプロでも結果を残す希有な例となった。

おすすめの記事