「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

浪速の四天王から日本代表へと昇り詰めた平田良介選手

2017 6/30 12:56cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

浪速の四天王と呼ばれた大阪桐蔭高校時代

高校時代から「浪速の四天王」と呼ばれ、現在中日ドラゴンズで活躍中の平田良介選手の名は、大阪だけでなく全国的に知れ渡っていた。当時、四天王に名を連ねていたのは、大阪桐蔭高校の辻内崇伸選手(元・読売ジャイアンツ)、履正社高校の岡田貴弘選手(現・オリックス・バファローズ)、近畿大学附属高校の鶴直人選手(元阪神タイガース)らで、激戦区である大阪府を盛り上げ、同時に2005年度高校生ドラフト会議の目玉としても注目されていた。
1年生の頃からレギュラーを任されていた平田選手だが、甲子園に出場したのは2005年3年生の夏一度きりだった。その甲子園で平田選手は、同じく四天王の一角であった辻内崇伸選手、2学年下の中田翔選手(現・北海道日本ハムファイターズ)らとともにベスト4へ進出。準々決勝の東北戦では、PL学園高校・清原和博選手(元・埼玉西武ライオンズ 他)以来となる1試合3本塁打を放ち、実力を全国に知らしめた。続く準決勝では、優勝した駒澤大学附属苫小牧高校に敗れている。また、この試合で1学年下の田中将大選手と対戦し3打数無安打2三振に封じ込められた。
高校通算70本塁打と、夏の甲子園ベスト4の実績を評価された平田選手は、その年の高校生ドラフト会議で中日から単独1位指名され入団。同じく四天王と呼ばれた辻内選手は読売ジャイアンツへ、岡田選手はオリックス・バファローズへ、鶴選手は阪神タイガースへと揃って1位指名から入団を果たしている。
高校時代にしのぎを削ったライバル達が、プロの世界へと揃って進むことになったのだ。

デビュー後、伸び悩んだ若手時代

2005年の高校生ドラフト1位で、中日入りを果たした平田選手。開幕から二軍で実戦45試合に出場し、打率.267、3本塁打、23打点の成績を残す。8月末にはその結果を認められ、高卒新人1年目にして一軍昇格を果たしデビューする。昇格後、わずか2試合の出場で2打数ノーヒット。翌2007年は、3試合に出場しプロ初安打も記録した。
ようやく一軍に定着したのは、2008年だった。一軍と二軍を行き来しながら59試合に出場し、打率.268、1本塁打、9打点をマーク。このプロ初本塁打がサヨナラとなり、記憶に残る一発にもなっている。2009年も同様に42試合に出場しレギュラー定着をもくろむが、2010年はチーム内の競争に勝てず6試合の出場にとどまった。
高校卒業後6年目となる2011年、初めて113試合と100試合以上に出場し、打率.255、11本塁打、38打点とブレイクのきっかけを掴んだのだ。以降ケガをしつつも、中日の外野陣の一角を占め、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選ばれるなど、日本を代表する選手にまで成長した。
高校野球で注目を浴び日本代表に選ばれた平田選手だが、デビュー後の6年間は結果を出すために苦労したようだ。

おすすめの記事