「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日米でチャンピオンを経験した「優勝請負人」井口資仁選手

2017 6/30 12:56cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国東都の本塁打記録を樹立

メジャーへ渡った数少ない日本人バッターの1人に、井口資仁選手がいる。
井口選手は、東京都内でも強豪の国学院久我山高校に入学し、遊撃手として活躍し、2年夏の甲子園にも出場した。国学院久我山高校は、私立の進学校ともいうことで、全体練習は2時間たらず。甲子園出場回数は圧倒的に少なかったが、それぞれが考え自主的にトレーニングしたことが、甲子園出場に繋がったのだ。また、「”甲子園に行きたい”という全員の意識の強さが、願いを叶えた」と井口選手は語っている。
高校卒業後は、青山学院大学に進学。大学では、1994年に三冠王(打率.348、8本塁打、打点16)を獲得し、東都大学野球連盟で通算本塁打数リーグ1位(24本)の結果を残した。この記録は、2016年現在でも破られていない。4年時はアトランタオリンピックの日本代表に選出され、銀メダル獲得に貢献した。これらの国際試合での経験が、メジャーへの道を考えるきっかけになったと語り、特にキューバの選手のレベルの高さに驚かされたと語っている。
1996年のドラフト会議では、福岡ダイエーホークスを逆指名し入団に至った。オリンピックイヤーで「当たり年」と言われたドラフトの超目玉選手だったこの年、青山学院大学のチームメイトである沢崎俊和選手は広島東洋カープ、清水将海選手はロッテと同大学から3人も1位指名を受けている。

ダイエーでコンスタントに活躍しメジャーへ

1997年の入団当初から、下位打線で起用されることが多かった井口選手。2年目には135試合に出場、打率は2割前半に終わったが、21本塁打を放ち存在感を見せた。以降も下位打線での出場が多かったが、1999年にはサヨナラ打を3度も放つなど、チャンスの強さを見せた。この年、ダイエーはリーグ優勝と日本シリーズ制覇を果たし、井口選手にとっては、初の優勝体験となった。
2000年に「井口忠仁」から「井口資仁」へと登録名を変更するも、故障の影響でわずか54試合の出場にとどまる。入団から5年目、転機となった2001年には、自身初の30本塁打を放ち、44盗塁で盗塁王となる。その後、2001年、2003年、2004年の各年3回はベストナインに選出され、ゴールデングラブ賞も受賞した。王貞治監督の助言などで打撃の形を変えたことが功を奏したのだ。
その後、井口選手は2004年までダイエーでプレーし、コンスタントな成績を残し海を渡ることになる。

おすすめの記事