「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園で大ブレイクし西武のエースへ!菊池雄星選手

2017 6/30 12:56cut
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

春のセンバツで152キロ!

岩手県花巻東高校出身の菊池雄星選手。その名が全国に知れ渡ったのは、2009年春のセンバツ甲子園だ。センバツ初出場を果たした、花巻東のエース菊池選手は、1回戦で9回無失点12奪三振の完封勝利をマーク。この試合で最速152キロを計測したことが、知名度アップのきっかけでもあった。2回戦の今宮健太選手(ソフトバンク)擁する明豊戦でも完封勝利を挙げる。
準々決勝の南陽工業戦では、6回から中継ぎ登板を果たし、4回を無失点の好投でチームをベスト4まで導いた。準決勝の利府戦で初めての失点を喫するが、5-2で勝利し決勝まで駒を進める。決勝では、今村猛選手率いる清峰高校と対戦。緊迫した投手戦の末に0-1で敗れ優勝とはならなかった。
この大会で菊池選手の活躍、そして152キロという球速が与えた衝撃は大きく、ドラフト候補ナンバーワンにまで上り詰めた。

夏の選手権は故障で投げ抜けず!

春のセンバツで準優勝に輝き、一躍注目の的となった菊池選手。夏の選手権岩手県予選を勝ち抜き、甲子園に戻ってくる。初戦の相手は、春のセンバツ決勝で戦った清峰を長崎県予選で下した長崎日本大学高校だった。
リベンジを果たすべく先発のマウンドに登った菊池選手だったが、2回に本塁打を浴び先制を許す。6回にも2点本塁打を浴び、0-3とまさかのビハインド。しかし、ここから花巻東は反撃を開始し、8-5で勝利する。菊池選手は、仲間に助けられての勝利となった。
2回戦の横浜隼人戦は本来の投球を披露し9回1失点、8奪三振で完投勝利。3回戦では東北高校相手に9回1失点、9奪三振、完投勝利と2回戦と同様に圧巻の投球を見せた。アクシデントが起きたのは、準々決勝の明豊戦だ。春からの再戦となったこの一戦。
菊池選手は先発登板を果たすものの、背中を痛め5回途中でまさかの降板。4-1とリードしていたが逆転を許してしまう。しかし、9回に追いつき延長戦へ持ち込むと10回に決勝点を挙げ、薄氷を踏む準決勝進出となった。
すでに満身創痍の菊池選手は準決勝でベンチスタート。序盤から中継ぎとして登板するも、適時打を浴び0.1回のみの登板に終わり敗退。菊池選手の夏は終わった。センバツ準優勝で挑んだ夏の選手権だったが、まさかの故障で後味の悪い幕切れとなってしまった。

おすすめの記事