「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役最多の本塁打王6度!中村剛也選手

2017 6/30 12:56cut
バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪出身のスラッガー

埼玉西武ライオンズで本塁打を量産するスラッガーといえば、「おかわりくん」こと中村剛也選手である。 中村選手は大阪桐蔭高校出身。大阪府内に住んでいたこともあり、通える範囲内で強豪校は数多くあった。しかし、自宅が高校にとても近かったことで大阪桐蔭を選んだ。
高校時代、4番として活躍していた中村選手は、通算83本のホームランを放つなどプロの球団から注目されていた。さらに、同学年には阪神タイガースの岩田稔選手、一学年下には西岡剛選手(阪神)の存在もあったが、甲子園への出場経験はない。
後に大阪桐蔭の西谷浩一監督は、北海道日本ハムファイターズの中田翔選手と比べ、「柔の中村、剛の中田」と語っている。
その中村選手は2001年のドラフトで西武ライオンズに2巡目指名を受け、入団することになる。2017年現在も西武一筋で、中村選手とともに活躍することになる栗山巧選手が 同期入団となった。

ホームランキングに成長

入団後早々に強打者としての活躍を見せる中村選手は、2年目となる2003年、二軍ながら22本塁打を放ちイースタンリーグの本塁打王となる。この年、中村選手は一軍に初出場し、初打点も記録。二軍での成績が買われ、一軍出場試合数を増やしていった中村選手は、2005年、レギュラー争いを勝ち抜きホームランを量産、一軍で22本塁打をマークする。
このころから「おかわりくん」の愛称でブレイクし、スラッガーとしての才能を世に知らしめた。ホームランを何度も繰り返すことから「ホームランをおかわり」の意味でメディアを賑わせることも多く、ぽっちゃりした体型に笑顔の印象から愛されるキャラクターとなった。
その後、ケガの多さと戦いながら、2008年、2009年、2011年、2012年、2014年、2015年と6度の本塁打王を獲得(2017年5月現在)。日本を代表する圧倒的なスラッガーに成長した。
本塁打王は王貞治氏が15回、野村克也氏が9回獲得しているが、2016年終了時点で6回はそれに次ぐ成績であり、現役最多の本塁打王獲得者でもある。

おすすめの記事