現役最多の本塁打王6度!中村剛也選手|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

現役最多の本塁打王6度!中村剛也選手


大阪出身のスラッガー

埼玉西武ライオンズで本塁打を量産するスラッガーといえば、「おかわりくん」こと中村剛也選手である。 中村選手は大阪桐蔭高校出身。大阪府内に住んでいたこともあり、通える範囲内で強豪校は数多くあった。しかし、自宅が高校にとても近かったことで大阪桐蔭を選んだ。
高校時代、4番として活躍していた中村選手は、通算83本のホームランを放つなどプロの球団から注目されていた。さらに、同学年には阪神タイガースの岩田稔選手、一学年下には西岡剛選手(阪神)の存在もあったが、甲子園への出場経験はない。
後に大阪桐蔭の西谷浩一監督は、北海道日本ハムファイターズの中田翔選手と比べ、「柔の中村、剛の中田」と語っている。
その中村選手は2001年のドラフトで西武ライオンズに2巡目指名を受け、入団することになる。2017年現在も西武一筋で、中村選手とともに活躍することになる栗山巧選手が 同期入団となった。

ホームランキングに成長

入団後早々に強打者としての活躍を見せる中村選手は、2年目となる2003年、二軍ながら22本塁打を放ちイースタンリーグの本塁打王となる。この年、中村選手は一軍に初出場し、初打点も記録。二軍での成績が買われ、一軍出場試合数を増やしていった中村選手は、2005年、レギュラー争いを勝ち抜きホームランを量産、一軍で22本塁打をマークする。
このころから「おかわりくん」の愛称でブレイクし、スラッガーとしての才能を世に知らしめた。ホームランを何度も繰り返すことから「ホームランをおかわり」の意味でメディアを賑わせることも多く、ぽっちゃりした体型に笑顔の印象から愛されるキャラクターとなった。
その後、ケガの多さと戦いながら、2008年、2009年、2011年、2012年、2014年、2015年と6度の本塁打王を獲得(2017年5月現在)。日本を代表する圧倒的なスラッガーに成長した。
本塁打王は王貞治氏が15回、野村克也氏が9回獲得しているが、2016年終了時点で6回はそれに次ぐ成績であり、現役最多の本塁打王獲得者でもある。

初の優勝そして本塁打王

安打よりも本塁打のイメージが強い中村選手は、満塁時の本塁打数は王貞治選手を抜いて16本と球界トップである。今後、ケガなく本塁打を量産していけば、現役600本塁打も目指せると話題になった。また、年間50本塁打を期待される数少ない日本人バッターのひとりでもある。
2008年に元タレント・レースクイーンの村上麻里恵さんと結婚したことが、好成績にも繋がっている。 結婚をした2008年から本塁打数も増加し、中村選手のブレイクに呼応するかのように、この年、西武はパリーグを制覇し日本シリーズへと勝ち進んでいる。自身も初の本塁打王に輝き、日本シリーズでは3安打3本塁打7打点をマーク。中村選手の活躍もあり読売ジャイアンツを倒しシリーズ制覇を果たした。
中村選手にとって記念すべき年であり、日本シリーズで放った3安打は全て本塁打という、ある意味中村選手らしい日本シリーズだった。
2009年は自身最高の48本塁打でまたも本塁打王の座につく。打率も.285と大きく上がり、自身初の打点王の座も手に入れた。
2011年、日本プロ野球は飛距離の少ないと言われる低反発球に切り替えた。いわゆる、統一球だ。これによりプロ野球ではホームランの全体数が減っているが、中村選手はホームラン数を下げることなく、この年48本塁打。本人は「50本以上打ちたかった」「僕ならもっと打てるはず」と後に語っている。
低反発球導入時は安打を狙うことが多くなる選手も少なからずいた。しかし、中村選手は打撃を変えることなく、本塁打を積極的に打ちにいっている姿勢があらわれている選手とも言えるだろう。
しかし、本塁打王として長く君臨するのは簡単ではない。華々しい記録と同時にケガも多い選手人生でもある。
2008年は鎖骨を骨折しながらもスタメン出場するなど根気を見せた。2010年キャンプ中のケガに加え自打球により頬骨を骨折し、さらにシーズン中は右ひじの故障により手術を行った。
このシーズンは不振となり、本塁打数も25本に終わった。ファン投票と選手間投票で選出されたオールスターゲームも辞退している。そして2012年は前十字靭帯と半月板の修復手術を受け、2013は26試合の出場に終わり4本塁打と不本意な成績となってしまう。
このようにケガは多いものの、西武の中村選手に対する評価は高く、2013年オフに4年20億円(推定)の複数年契約を結んでいる。

2015年シーズンに300号本塁打達成

中村選手は、2015年、300本塁打、1000本安打を同時に達成する。7月24日に行われた本拠地西武プリンスドームで行われた日本ハム戦で、球界のエースである大谷翔平選手から放った300号は、プロ野球史上41人目である。31歳の若さで300号を放つことで、さらなる記録を期待させてくれる。
また、この日は300号本塁打を記録した次の打席で満塁本塁打を放つ。これが王氏とならぶ通算15本目の満塁本塁打となり、歴代最多タイとなった。歴代最多タイの期間は短く、この記録達成からわずか2週間足らずの8月9日に、通算16本目の満塁本塁打を放っている。
中村選手が語るホームラン性の飛距離を出すポイントは、しなりのあるタイプのバットで、「ボールを長く押し込む感覚」だという。そしてポイントを前にして右手で押し込むように打つこと。それにより飛距離の出るスイングができるという。
このように自分の感覚を隠すことなく語ることで、後輩達にアドバイスを送っている。

愛嬌のある「おかわりくん」キャラが人気

バッティングは本塁打にこだわる中村選手だが、ぽっちゃりした印象ながら守備力、走塁に関しても大きく評価されている。一般的なパワースラッガーは体重があり足が遅いイメージだが、中村選手は大柄ながら走攻守そろった「動けるぽっちゃり」タイプと言える。
好きな言葉や座右の銘を「おかわり」と自らアピールするぽっちゃりキャラで人気の中村選手。
今後もケガなく「おかわり」し続け、チームを優勝へ導き、本塁打数を伸ばして欲しい。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

4/23 20:54更新

パ・リーグ

4/23 20:54更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

4/23 20:54更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!