「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メジャー初打席は初球本塁打の快挙を達成した松井稼頭央選手

2017 6/30 12:56cut
グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PL学園で今岡誠選手と甲子園出場

内野手として初めてメジャーへ渡った松井稼頭央選手。その二枚目ぶりもさることながら、スイッチヒッターとしての活躍や日米通算2500本安打達成など、ファンの心を動かすプレーは数知れない。

大阪出身の松井選手は、幼い頃からリトルリーグで野球を始める。強豪チームの多い大阪でプレーしていたこともあり、中学まで全国大会を経験できなかった。しかし、強豪・PL学園高校へ進学し、自身初となる全国の舞台を目指す。

高校時代は投手として活躍し、2年春のセンバツでは背番号「1」をつけ甲子園でのマウンドを経験。このとき、1学年上の世代には今岡誠選手(元阪神他)がおり、背番号「4」で出場を果たしている。松井選手の登板は、準々決勝の東海大相模高校戦だった。しかし、故障の影響もあり3回2失点で降板。チームも0-2で敗戦となり、松井選手の甲子園はここで終わってしまう。これ以降、松井選手は甲子園に出場できなかったものの、注目選手としてドラフト候補となっていた。

迎えた1993年のドラフト会議で、西武ライオンズに3位指名を受け入団する。投手ではなく野手としての指名だった。この年のドラフトには、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で監督を務めることになる、小久保裕紀選手がダイエーホークスに指名された。他にもメジャーリーグへ移籍する岡島秀樹選手が、読売ジャイアンツに指名されている。

トリプルスリーを達成した西武時代

プロ入団後、投手から内野手へとコンバートされた松井選手は、1994年の入団当時から右打ちだけでなく、左打者の打ち方を吸収し、両打ち(スイッチヒッター)となる。1年目に一軍出場は無かったものの、守備や走塁のセンスも買われ、2年目に一軍デビュー。69試合の出場で21盗塁(1盗塁死)を記録するなど盗塁成功率も評価される。

3年目の1996年は、レギュラーの遊撃手として定着。4年目の1997年からは、3年連続盗塁王を獲得。2002年には、3割30本30盗塁のトリプルスリーを達成。この年は安打、二塁打、三塁打の数もリーグトップの成績とチームに大きく貢献した。また、一軍に定着した1996年から2003年までケガはあったものの、全試合出場を果たしている。

1998年にはMVPを受賞、そのほかベストナイン7回、ゴールデングラブ賞4回などの輝かしい受賞歴を誇っており、リーグを代表する選手となった。

2003年オフに、FAでメジャー移籍を志し代理人と契約。12月にニューヨーク・メッツと契約を果たし、2004年から海を渡ることになる。松井選手は、「ゴジラ」こと松井秀喜選手になぞらえ、「リトル松井」として大きな期待が掛けられていた。

おすすめの記事