「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

10年で球界を代表する捕手へと成長した嶋基宏選手

2017 6/30 12:56cut
グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

田中将大選手らと同期入団

東北楽天ゴールデンイーグルスの名捕手といえば、嶋基宏選手がいる。プロ野球選手会長を務め、侍ジャパンの選手としても声がかかる、球界でも有数の頭脳派捕手といっていいだろう。

嶋選手は、中京大中京高校で2002年春のセンバツに出場。高校当時は、現在のように捕手ではなく二塁手だったこともあり、背番号は「4」だった。この大会では初戦で、西村健太朗選手擁する広陵高校と対戦し0-4で敗れている。夏の愛知県大会では、決勝で敗れ甲子園に出場することは叶わなかった。

卒業後に国学院大学に進み、硬式野球部の恩師にキャッチャーに導かれた。キャッチャーに必要な強肩と共に理解力、統率力が突出していたと恩師は語っている。「勉強すべきことがたくさんあった。マシンを相手にキャッチングの練習をしたりもしましたね」とのちに本人が語っている。

2006年春季東都2部リーグ優勝を果たし、チームは一部昇格。自身もMVP、秋季ベストナイン捕手に選出された。

その年のドラフトで、楽天から3巡目で指名を受け入団。永井怜選手、渡辺直人選手らと入団時期を共にする。背番号は「足して10になる数字」として37に決まった。また、同じ年の高校生ドラフトでは、のちにメジャーでも大活躍となる田中将大選手の存在もあり、伝説を作ることになるバッテリーの同期入団となった。

1年目からオールスターへ出場

入団当時の監督は、あの野村克也監督。言わずと知れたキャッチャー出身のレジェンド的存在でもある。野村監督の元でどのように成長するか、期待の大きい捕手として注目を浴びた。

ルーキーイヤーとなる2007年に開幕一軍を確保し、125試合に出場。オールスターゲームにもファン投票で選出されるなど、1年目から存在感を発揮していた。打撃面で課題はあったものの、出番を確保し2年目は85試合、3年目には106試合に出場。しかし正捕手では無く、他の捕手との併用がメインとなっていた。

その嶋選手の転機は2010年だ。この年に正捕手として定着するだけでなく、ベストナインに選出され、ゴールデングラブ賞も獲得。オールスターには選手間投票で選出され、一流選手としての階段を上っていった。打率も自身初めて3割を超える。同年、若手ながら楽天の選手会長に就任。

そして2010年オフに当たる2011年3月、嶋選手の人生を大きく変えることになる。東日本大震災が、楽天の本拠地である東北を直撃したのだ。

おすすめの記事