「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

金子千尋選手~無名の高校時代から球界最高年俸投手へ!

2017 6/30 12:56cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代は無名の存在

日本球界でもトップクラスの実力を持つ沢村賞投手の一人に、オリックス・バファローズ所属の金子千尋選手がいる。

金子選手は小学校時代から投手としてリトルリーグに所属しており、硬式のシニアリーグで初めてカーブを覚えたという。長野商業高校に入学すると、2000年春の選抜高校野球大会に出場し、リリーフとして2試合に登板している。

高校卒業時にはプロから声がかかることはなく、トヨタ自動車にスカウトされ入社した。金子選手は、自分よりすごいピッチャーばかりで自信を喪失したと語るも、コンスタントに140キロを投げられるようになり注目を集めた。

2004年、ヒジの故障があったものの自由獲得枠でオリックスに入団。「打者から見て『なんで打てないんだろう』と思われるような、負けない投手になりたい」と指名直後のインタビューでコメントしている。

この年は、球界再編騒動やドラフトにおける金銭授受問題が発覚するなど、荒れた年となった。しかし、同じ年、東北高校出身のダルビッシュ有選手が日本ハムファイターズに入団するなど、好投手が続々とプロ入りするでも年だった。

オリックス入団後の苦悩

金子選手は、2005年入団時、伸びのあるまっすぐと打者の手元で変化するボールや、下半身のバネなどが評価され、新人ながら期待のかかる投手だった。しかしケガもあり、1年目は一軍で投げられなかった。二軍の投手陣を見ても「どうしてこんなにすごいピッチャーが一軍で投げられないんだろう」と思ったという。それは、トヨタ自動車に入った時にも感じた強い挫折感だった。

その中で三振をとることや、勝ち星を重ねるだけでなく、「負けないピッチング」がエースとしての必要な条件だと金子選手は気づく。そして当時強く憧れ、ピッチングを参考にした投手はソフトバンクホークスの斎藤和巳選手だった。
決して大きく変化するわけではなく、小さく変化する斎藤選手のピッチングに気づき、極論では「変化しない変化球」を目指したという。打者が「変化する」と構えていても、手元で少し変化するだけ、というピッチングを自身で研究したのだ。

二年目のキャンプで、結果が求められる背水の陣だった金子選手は、憧れだったイチロー選手(当時はシアトルマリナーズ所属)と紅白戦で対戦する機会に恵まれた。初球から変化球を投げ、結果はファーストゴロに打ち取った。その後、新聞で「二年目の選手はイチロー選手に対して真っ向勝負すべき」との声が取り上げられた。しかし、イチロー選手には対戦後、「ナイスボール」と声をかけられ、このことが、それまで自信を持てなかった金子選手に前を向く勇気を与えてくれたという。
自分に最も自信のあるボールを投げることが「真っ向勝負」だと思う、と語る金子選手は、イチロー選手に対して最も自信のある変化球を投げたのだった。

おすすめの記事