「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

打率3割を6度達成のヒットメーカー!中島宏之選手

2017 6/30 12:56cut
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武時代は打率3割を6度記録

2000年のドラフトで西武ライオンズから5位で指名され、入団に至った中島裕之(現宏之)選手。全国的には無名の兵庫県立伊丹北高校で甲子園出場は無っかったものの、通算43本塁打を放ち、投手としても活躍していた。一軍デビューは入団2年目となる2002年シーズンだった。わずか4試合ではあるが、7打席のチャンスを与えられ初安打もマーク。翌2003年に44試合に出場するなど、順調にステップアップを果たしていた。
中島選手がレギュラーとなったのは、2004年のことだった。2003年オフに松井稼頭央選手がメジャーリーグ移籍を果たしたことで、遊撃手のポジションが空き、スタメンを奪い取ったのだ。この年全133試合に出場し、打率.287、27本塁打、90打点、18盗塁をマーク。2005年からは打率3割を5年連続で継続するなど、好守においてチームに貢献し、リーグを代表する遊撃手となった。
西武では、2012年シーズンまでプレーし6度の打率3割を記録。2008年(.410)、2009年(.398)と2度、最高出塁率のタイトルを獲得している。

首位打者争いの常連

打率3割を6度記録していた中島選手は、最高出塁率のタイトルこそ獲得していたが、意外にも首位打者に輝いたことはない。初めて首位打者争いを演じたのは2008年だった。
東北楽天ゴールデンイーグルスのリック・ショート選手と、シーズン最終盤まで激しい争いを繰り広げていた。最終戦が西武と楽天の直接対決と言うこともあり、その時点で楽天は、打率2位だった中島選手との勝負を避けるというのが大方の見方だった。
しかし、楽天ベンチは中島選手との勝負を避けることはせずに勝負。中島選手は本塁打を含む5打数2安打と結果を残したが、リック選手にわずか及ばず首位打者にはなれなかった。悔しさもあったはずだが、中島選手は後に「勝負してくれてうれしかった」と語っている。
一方で、2012年も千葉ロッテマリーンズの角中勝也選手と首位打者争いを演じ、直接対決では勝負を避けられた。この年は敬遠気味のボールに空振りをするなど無言の抗議を行っている。
このように、ほんのわずかな差で中島選手は首位打者を獲得できなかったのだ。

おすすめの記事