「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

常にフルスイング!柳田悠岐のバッティングの秘密に迫る

2017 6/30 12:56Mimu
ホームラン
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ柳田悠岐はあれだけの飛距離を出せるのか

豪快なフルスイング、スピード感のあふれる守備・走塁、少し天然なキャラクター。グラウンド内外を問わず、多くの人を魅了してきた福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。いまやホークスのみならず、パリーグの顔となった。2017年のWBCは残念ながら怪我で欠場となってしまったが、まだまだ彼の存在感はプロ野球界に大きな影響を与えている。
柳田選手を見ていて不思議なことがある。なぜあれほど日本人離れした飛距離を出すことができるのか。それにフルスイングをしていながら、なぜ高打率を残すことができるのか。きっと何か秘密があるはずだ。今回は柳田選手のそのバッティングの秘密について、迫ってみた。

1年目から群を抜いていたその飛距離

まずは柳田選手の経歴を紹介していこう。柳田選手は、広島県立広島商業高校から広島経済大学を経て、2010年のドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスへと入団した。生まれも育ちも広島で本人もカープファンだったが、残念ながらカープからの指名はなく(一説によればカープもリストに入れており、ホークスが指名しなければ3位以下で指名する予定だったともいわれている)、そのままホークスに入団となった。
そんな柳田選手であるが、その飛距離はルーキーイヤーから別格であったという。1年目は二軍での出場がほとんどであったが、一部の選手の間では「めちゃくちゃ飛ばすやつが二軍にいる」と噂になっていたほどである。
2年目には早くも一軍で試合に出始め、8月2日には西武の松永浩典さんからプロ初ホームランも放った。今と同じく豪快なアッパースイングで、ライトスタンドの上段まで届く特大のホームランであった。さらに同月の16日には、ロッテの薮田安彦さんからサヨナラ本塁打を放つ。内角高めをフルスイングし、弾丸ライナーでライトスタンドへと飛び込む見事なホームランであった。

おすすめの記事