「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハム・近藤健介は打てるキャッチャーになることができるか!?

2017 6/30 12:56Mimu
キャッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年は絶好調の近藤健介!いつか打てる捕手へと成長できるか!?

日本ハムの若きヒットメーカー、近藤健介選手。日本ハムといえば、中田翔選手や大谷翔平選手、若手では西川遥輝選手などが注目されがちだが、近藤選手もかなりの実力を持った選手である。高い打率を残せるアベレージヒッターで、173cmと小柄ながら2塁打などの長打が多い。2015年シーズンはパリーグ3位となる打率.326に、同4位となる33本の2塁打を放った。選球眼も良く三振も少ないので、相手選手からすれば、できれば避けたい選手だろう。
2016年シーズンは不調だったが、2017年シーズンは絶好調で、4月終わり時点でも打率4割以上をキープ。首位打者争いを独走している。持ち前の2塁打や四球数もかなりの数を重ねており、完璧な滑り出しだ。ライトの守備はもちろん、サードを守らせても上手い器用な選手だが、もとはキャッチャーとして入団した近藤選手は、本人としてもキャッチャーへのこだわりが強い。そんな近藤選手は、打てるキャッチャーになれるのだろうか?

ライバルは日本代表捕手

近藤選手が捕手として活躍するために、ライバルとなるのはやはり大野翔太選手、そして市川友也選手だろう。近藤選手が一軍に定着した2014年以降の捕手としての出場試合数を見てみると、

近藤健介:75試合(2014年16試合 2015年58試合 2016年1試合)
大野奨太:286試合(2014年104試合 2015年72試合 2016年108試合)
市川友也:115試合(2014年69試合 2015年43試合 2016年70試合)

大野選手と市川選手は捕手以外で出場することはほとんどないが、近藤選手の場合は2014年は89試合、2015年は129試合、2016年も80試合にトータルでの出場しており、キャッチャー以外での出場の方がメインになってしまっているというのが現状だ。

おすすめの記事