「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCで好投!ヤクルトの守護神・秋吉亮ってどんな選手?

2017 6/30 12:56Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

WBCでは中継ぎの柱として活躍した秋吉亮

変則的な右のサイドハンドから繰り出される最速150km/のストレートに、切れ味鋭いスライダー。2017年WBCでは、ヤクルトスワローズから投手として唯一選出され、右の中継ぎとして活躍した秋吉亮選手。その独特の球筋で、海外の打者を次々に手玉に取っていった。
特に第2ラウンドのオランダ戦では、7回2死1塁の場面で登板し、ヤクルトでチームメイトのウラディミール・バレンティンを三振に打ち取ったシーンが非常に印象深い。それ以外の試合でも抜群の安定感を見せ、6試合はすべて無失点。中継ぎ投手陣の大黒柱的存在としてチームに大きく貢献した。
だが、まだまだ他球団ファンの方にはあまり知られていない選手であろう。2017年シーズンこそケガで戦線離脱してしまったものの、球界屈指のリリーフ投手であることは変わらない。知っておいて損はない選手だ。今回は、秋吉選手がどういった選手なのかを紹介していこう。

2013年のドラフトでヤクルトに入団

秋吉選手は、東京都立足立新田高校から中央学院大学、そしてパナソニックを経て、2013年のドラフト3位で東京ヤクルトスワローズへ入団。2017年、キャリア4年目の短期間でWBCの代表に選出された。
ちなみにこの年ドラフトで指名された他チームの選手たちを見てみると、小林誠二選手(日本生命→巨人ドラフト1位)、田中広輔選手(JR東日本→広島ドラフト3位)、石川歩選手(東京ガス→ロッテドラフト1位)、松井裕樹選手(桐光学園高校→楽天ドラフト1位)らもWBC日本代表に選出されており、社会人選手を中心にかなりの豊作ドラフトだったことがわかる。

おすすめの記事