「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年は勝負の年!ヤクルトの若き正捕手・中村悠平

2017 6/30 12:56Mimu
グローブとボールとバット
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年は苦しいシーズンだった中村悠平

東京ヤクルトスワローズの若き正捕手である中村悠平選手は、球界でも屈指の鉄砲型に加え、2014年には規定不足ながら.298(325-97)を記録した打撃力を持っている。また捕手としてリード面でも高い評価を得ており、彼を古田2世とたたえる声は後を絶たなかった。2015年のセリーグ制覇は、彼の功績が非常に大きい。
しかし、2016年シーズンは一転してその立場が厳しいものとなってしまった。強みの打撃はパッとせず、106試合の出場で打率はわずか.187(321-60)。さらに先発出場した試合では、投手の防御率も5.36と大きく悪化した。打撃面の不振がリードに出たのか、それともリード面の不調が打撃にも影響してしまったのか、結果チームは前年の優勝から一気に5位へと転落してしまう。
中村選手にとって、さらに厳しいことに、西田明央選手が台頭を見せ始める。74試合の出場ながら7本塁打と打撃が好調で、出場時のチーム防御率も3.94にまとめ、あっという間に中村選手のポジションを奪ってしまったのだ。
今回は、そんな中村選手の今までと今後に注目して、それを紹介していきたい。

古田敦也の後釜として期待され入団

中村選手は、福井県立福井商業高校から2008年のドラフト3位でスワローズに入団した。当時のチームは古田敦也選手が選手兼任監督になって以降、なかなか順位が上がらない状態が続いていた。正捕手争いも米野智人選手や川本良平選手、福川将和選手らと3人が名乗りを上げるも、だれもその座に定着するまでに至らないという状態であった。
中村選手がドラフトで指名された後、チームは横浜ベイスターズから相川亮二選手を獲得。なんとか戦える環境はできていたものの、相川選手もすでにベテランの域に入っており、若手捕手の育成というのはチームに与えられた課題であることは明白だった。若い中村選手にはその期待が大きくかかっていた。

おすすめの記事