「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

攻守の積極性が魅力!横浜DeNAベイスターズの若き核弾頭・桑原将志

2017 6/30 12:56Mimu
グローブとボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年のトップバッターを務めた桑原将志

「1番 センター 桑原」 すっかりとこのアナウンスもおなじみとなった。いまや横浜DeMAベイスターズのトップバッターといえば、彼以外に考えられないだろう。桑原将志選手。
94年生まれの非常に若く、打撃でも守備でもその積極性が武器の選手だ。2016年シーズンの途中から1番センターに定着し、チームとして初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。そしておそらくこれから何年も、ベイスターズを引っ張ってくれる選手であろう。
アレックス・ラミレス監督が就任して以降、キャッチャーに戸柱恭考選手、ショートに倉本寿彦選手、そしてセンターのポジションに桑原選手が定着。センターラインがしっかりとしたことによってチームにリズムができた。筒香嘉智選手やロペスの打撃が好調だったことも大きいだろう。
特に桑原選手のように、積極性のある選手が好調だとチームにとっても起爆剤になり、今後もそういった活躍を期待したい。今回は、そんなベイスターズ期待の若きトップバッター、桑原将志選手について紹介していこう。

京都の名門からプロ入り!1年目にプロ初ヒット!

桑原選手は、京都の名門校・福知山成美高校から2011年のドラフト4位でDeNAベイスターズへと入団した。高校では1年生の春からレギュラーを獲得、甲子園の出場は叶わなかったが、その身体能力の高さや、1年生から名門でレギュラーを獲得する野球センスは、スカウトからの評価も高かったのだという。
当時は内野手として活躍しており、下級生のあいだはサード、上級生になるとショートを守っていた。プロ入り後は、内野だけではなく外野にも挑戦し、2軍のさまざまなポジションで出場することとなる。
もちろんバッティングの方でも期待されており、1年目には早くもプロ初ヒットを記録。2軍では、1年目こそ89試合で.225(298-67) 2本塁打 18打点 13盗塁だったものの、2年目には.270(278-75) 2本塁打 27打点 9盗塁とい成績を残した。なれない外野のポジションにも適応しつつ、打撃成績でもこれだけの数字。いかに非凡なものを持っているかがおわかりいただけるだろう。

おすすめの記事