「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

監督としても偉大な功績を残した川上哲治氏【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
baseball,bat
このエントリーをはてなブックマークに追加

「打撃の神様」と称されていた現役時代

川上哲治選手は1938年(昭和13年)に熊本工業高校から巨人へ入団する。同期には吉原正喜選手、千葉茂選手、内海五十雄選手ら有望な選手が数多くおり「花の昭和13年組」と呼ばれ期待された年だった。投手としての入団だった川上選手だが藤本定義監督から打撃の才能を認められており、程なくして野手へ転向する。
野手に転向した川上選手は18年間の現役生活において首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回など多くのタイトルを獲得し歴史に名を刻む。また、1946年には「赤バット」を使用したことで「青バット」を使用していた大下弘選手とともに「赤バットの川上、青バットの大下」としてファンの人気を集めた。
1958年に東京六大学野球の立教大学からスーパースターとして長嶋茂雄選手が入団すると川上選手は4番を追われることになり現役引退を決意する。18年間での通算成績は1979試合、打率.313(7500打数2351安打)、181本塁打、1319打点となっており1965年に野球殿堂入りを果たしている。現役を引退後はコーチを経て1961年に監督に昇格し、長嶋選手、王貞治選手らのスター選手を抱え黄金時代を築き上げるのだ。

ドジャース戦法で就任1年目で日本一

当時巨人は、1950年から11年間にわたって水原茂(円裕)監督が指揮を執っており、1955年から1959年までセ・リーグ5連覇を達成するも1956年から1959年までの4年間は日本一になれず、1960年はセ・リーグ優勝すら逃している状況だった。
そこで川上監督はメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースが乏しい戦力にも関わらず、毎年のように優勝争いをしていることに注目する。ドジャースのアル・キャンパニスコーチが執筆した「ドジャースの戦法」を教科書とし巨人も戦法を徹底するのだ。
当時、ドジャースの戦法は守備を生かして守り勝つ野球を中心としている最新の戦術書となっていた。2017年現在では当たり前となっていることが、日本では1960年代に初めて取り入れられたのだ。攻撃面ではヒットエンドラン、犠打の多用、守備面ではバントシフト、外野のカバーリングなどが記されており当時としては画期的でスモールベースボールの元祖とも言えるものだった。
このドジャース戦法を川上監督は春季キャンプから実践し1961年シーズンに見事、2年ぶりの優勝を遂げた。日本シリーズでは南海ホークス相手に4勝2敗で勝利。1955年以来6年ぶりとなる日本一に輝いたのだ。

おすすめの記事