「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「打撃の神様」川上哲治の現役時代【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
baseball,bat
このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本工業から巨人へ

「打撃の神様」として知られる川上哲治選手は熊本県出身で熊本工業高校でプレーしていた。1934年、1937年の夏の全国中等学校優勝野球大会(現在の夏の甲子園)に2度出場し準優勝を達成。当時の川上選手は野手ではなく投手として活躍しており、後に巨人へ一緒に入団を果たす吉原正喜選手とバッテリーを組んでいたのだ。
決勝では中京商業高校の野口二郎選手と投げ合いの末に1-3で破れる。野口選手はプロ入り後に投手として237勝をマークし、野手としても打率.249、9本塁打、368打点の成績を残し二刀流として活躍を果たしていた大選手だ。
敗れた川上選手は甲子園の土を持って帰り、熊本工業高校のグラウンドにまいた。
川上選手は熊本工業高校での活躍をひっさげて1938年に巨人へと入団を果たす。この当時は野手としてではなく投手としての入団となっており、高校時代バッテリーを組んでいた吉原選手も同期として入団している。

期待されていた「花の昭和13年組」

1938年(昭和13年)に巨人へ入団した川上選手だが、この年の同期には有望選手が多く「花の昭和13年組」と呼ばれていた。川上選手、吉原選手の熊本工業高校バッテリーに加えて内海五十雄選手、千葉茂選手、野村高義選手、岩本章選手、三田政夫選手らが入団を果たす。
千葉選手は二塁の名手として知られており川上選手とは巨人の一、二塁間を長きにわたり組んでいた選手だ。その守備のうまさ、守備範囲の広さから「千葉一二塁手」と呼ばれていた。これは川上選手の守備範囲が狭く千葉選手が多くの打球をカバーしていたからだ。このようなエピソードが残っているとおり川上選手の守備はあまりうまくなかった。
内海選手は現在、巨人の投手として活躍している内海哲也選手の祖父に当たる。一塁手だった内海選手は川上選手が在籍していた影響で出場機会には恵まれず20試合の出場にとどまっている。この内海五十雄選手が背負っていた背番号「26」を現在、内海哲也選手が背負っているのだ。
川上選手は1938年春シーズンに投打でデビューを果たす。投手としては2勝2敗、防御率2.55、野手としては打率.200の成績を残した。当時の監督である藤本定義監督は川上選手を野手に専念させようと考えていたが、投手不足により踏み切ることができなかったのだ。

おすすめの記事