「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1995年のボビー・バレンタイン監督【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
baseball、manager
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年にロッテ監督へ就任

1995年に千葉ロッテマリーンズは広岡達朗氏をGM(ゼネラルマネージャー)として起用し新たな球団の作り方を模索する。2017年現在は当たり前となりつつあるGMだが、初めて肩書きとして名乗ったのが広岡氏だったのだ。それ以前も「球界の寝業師」と言われていた根本陸夫氏がGMと同じような動きをしていたが、肩書きは「球団代表」でありGMではなかった。
その広岡GMは監督にメジャーリーグのテキサス・レンジャーズで監督経験もあったボビー・バレンタイン氏を招聘する。バレンタイン監督は1985年から1992年の8シーズンに渡りレンジャーズで監督を務め581勝605敗、勝率.490の成績を残していた。
シーズン開幕前からアメリカ流の手腕が期待され実際に今までの「日本式」にとらわれない采配、チーム運営を行った。しかし、フロントとの軋轢も生じてしまったために1年限りでの解任となってしまったのだ。

1995年当時のロッテ

1995年にバレンタイン監督が就任する以前のロッテは最下位争いが常連となっており、1985年に2位となって以降、1986年からはBクラスが続いていた。1987年から1994年までの8年間は5位、6位が指定席だったのだ。
そのため、フロントは日本プロ野球史上で初めてGM制を敷き、チームの改革に期待をかけたのだ。その改革を現場で行う者としてバレンタイン監督は大いに期待されていた。
その成果もあり、チームは序盤こそ下位に低迷したモノの夏場以降に調子を上げ上位争いを演じる。最終的には阪神淡路大震災からの復興を目指し「がんばろうKOBE」の合い言葉を胸にイチロー選手らを中心としたオリックス・ブルーウェーブに優勝を奪われてしまうが、1985年以来10年ぶりとなる貯金、そして2位とAクラスに輝いたのだ。
当時の中心選手であった小宮山悟選手はこの年のバレンタイン監督との出会いが運命を変えたといってもいいほどだろう。後にメジャーリーグ挑戦時もバレンタイン監督を慕っている。また、バレンタイン監督も小宮山選手のことを高く評価していた。

おすすめの記事