「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ミスター赤ヘルこと山本浩二選手の現役時代【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
野球,ヘルメット
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島出身!法政大学で大活躍

広島といえば「ミスター赤ヘル」の名を轟かせ、広島のヒーローともいえる山本浩二氏だが、それは広島生まれ広島育ちであり、被爆二世でもあるために、より広島の人々に親しまれやすかったのかもしれない。
幼い頃の山本少年は、元軍人だった父に連れられ、当時広島カープの本拠地だった県営球場へ通ったとのちに語っている。当時の広島は「復興への明るい材料」。貧乏球団だったことは否めなく、「おらがカープ」という感覚が皆に広がり、募金活動が始まる。後に当時の野球少年だった山本浩二氏はチームを優勝へ導き、広島カープは復興の名に恥じない球団へ成長していく。
高校野球では無名の広島県立廿日市高等学校へ進み、キャプテンとなった山本選手は甲子園を目指すが、県大会準決勝で名門・広陵高校を前に敗退する。
法政大学に進学した山本氏は、田淵幸一選手、富田勝選手とともに「法政三羽ガラス」と言われ、三人でベストナインに選ばれ、2打席連続アベックホームランを放つなど、大活躍を見せたのだ。東京六大学リーグでは法政大学は、山本氏が在学中3度のリーグ優勝を果たす。
当時の南海ホークスで活躍することになる富田氏が2015年に亡くなったときには、山本氏は「良きライバルであり、あいつがいたから頑張れた」と語り、三羽ガラスの結束がいかに強かったかを感じさせてくれた。

大器晩成型!?広島へ入団

「カープの山本浩二」が誕生した1968年秋のドラフトは、「花の44年組」と言われた球史に残る当たり年だった。ドラフト同期には田淵幸一選手、星野仙一選手、山田久志選手、加藤英司選手、福本豊選手など超大物がずらりと名を連ねていた。
「根っからのカープ少年」だった山本選手は相思相愛でカープ入団、プロ生活がスタートする。
入団一年目、1969年シーズン開幕から、山本選手はレギュラーに定着した。「6番・センター」で開幕スタメンなど120試合に出場し、打率.240、12本塁打、40打点、9盗塁の成績だった。走攻守において「まずまず」の中距離ヒッターと言えるだろう。その後も山本選手は、入団直後からヒーローというわけではなく、5年ほど今ひとつステップアップできない状態が続いた。後に「大器晩成型」と言われるタイプの選手だった。
好転のきっかけをつかんだと思える1974年は打率.275、28本塁打、74打点を記録した。75年に姓名判断を受けてから、登録名を本名の「浩司」から「浩二」に変更し、古葉竹識(こばたけし)監督のもとに4番打者に定着、チームを初優勝へ大きく導くスターに変わっていったのだ。

おすすめの記事