「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】400勝達成後名球会を設立!金田正一選手

2017 6/28 09:44cut
baseball,pitcher
このエントリーをはてなブックマークに追加

球界の伝説となっている金田正一選手

野球に少し興味を持ち歴史を紐解くようになると、必ず聞くことになるであろう選手が金田正一選手だ。金田選手の本名は「かねだしょういち」ではなく「かねだまさいち」となっており、よく「しょういち」と間違えられている。また、愛称は「かねやん」でファンが金田選手の話題を出すときはまず「かねやん」で呼ばれているだろう。
1950年に高校3年生だった金田選手は夏の甲子園予選で敗退後、高校を卒業まで在籍することを選ばず中退。国鉄スワローズへと入団する。夏の甲子園予選終了後ということもあり、1年目の実働は短くなっているが8勝をマークするなど弱冠17歳の投手は即戦力として活躍を果たした。
2年目からはエース格として起用され、1951年から国鉄を退団する1964年まで14年間連続で20勝以上を達成している。当時のセ・リーグは読売ジャイアンツが強かったこともあり、国鉄は万年下位争いを行っている弱小チームだった。しかし、その中で金田選手は353個の勝ち星を挙げたのだ。
国鉄でこれだけの実績を残した金田選手は、1964年オフに現在のFA制度に近い10年選手制度を用いて巨人へと移籍する。巨人へ移籍後は20勝を挙げることはできなかったが、5年間で47勝をマークし通算400勝を達成した。

長嶋茂雄選手との初対戦

金田選手は様々な記録を保持しており、取り上げられる際は400勝投手としての紹介が最も多くなっている。その次に多いのがこの長嶋茂雄選手との初対決ではないだろうか。
1958年に立教大学で当時の東京六大学野球記録となる通算8本塁打という実績をひっさげ、鳴り物入りで読売ジャイアンツへと入団した長嶋選手。オープン戦で7本塁打を放ちプロ野球でもやっていけると確信を得て開幕戦に挑む。
金田選手は試合前から「大学から入ったばかりのやつになめられてたまるか!」と報道陣に対してコメントしている。当時の金田選手はプロ入りしてからの8年間で7年連続20勝をマークし、通算182勝を挙げている大エースだったのだ。
迎えた開幕戦で金田選手は宣言通り長嶋選手を赤子の手をひねるかのように、4打席連続三振を奪う。記録で見ると「全く相手にしていない」そんな表現がぴったりかもしれない。バットに当たったのはわずか1球。それもファールチップだった。
しかし、金田選手の印象は違った。「あれほどのスイングスピードの速さは見たことがない。これはとんでもない選手になる」と後に語っている。「天才は天才を知る」といったところだろうか。

おすすめの記事