「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ローテーションの原型を考案!藤本定義監督【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
baseball ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

1974年に野球殿堂入り

1974年に野球殿堂入りも果たしている藤本定義監督。1981年に亡くなられているが、その功績は大きく2017年の現在でも語り継がれている。また、野球ファンが歴史を紐解いたときに名前が頻繁に登場する人物でもある。
藤本定義監督はプロ野球選手としての経歴はなく高校野球、大学野球のみのプレー経験しかない。1904年に愛媛県松山市で生まれ松山商業高校、早稲田大学へと進学。早稲田大学を卒業後に現在のJR東日本にあたる東京鉄道局の監督に就任した。
その後、1935年に東京巨人軍の監督へ就任する。このとき、藤本定義監督は31歳だった。巨人で圧倒的な実績を残しその後は太陽ロビンス、大映スターズ、阪急ブレーブス、阪神タイガースの監督を1968年まで務めている。
1968年に阪神タイガースの監督を引退後は評論家、テレビの野球解説などを務め1974年に競技者表彰として野球殿堂入りを果たす。同時に殿堂入りを果たしたのは初代ミスタータイガースこと藤村富美男選手、甲子園球場の設計者であり阪神タイガースのオーナーも務めた野田誠三氏だった。藤本定義監督も阪神で8年間監督を務めていたこともあり阪神タイガース関係者が揃って殿堂入りを果たしたことになるのだ。
その後も評論家活動続けていたが1981年に76歳で亡くなっている。

※太陽ロビンス:横浜DeNAベイスターズの傍系球団
※大映スターズ:千葉ロッテマリーンズの傍系球団
※阪急ブレーブス:オリックス・バファローズの前身球団

プロ野球の歴史の第一歩

藤本定義監督が最初にプロ野球のチームを率いたのは1936年の東京巨人軍だった。初めて公式戦が開始されたこの年の夏季リーグで7試合2勝5敗の成績を収めた。この当時は2017年現在のような1年間を通してペナントレースを行うかたちではない。
第1回日本職業野球リーグ戦では甲子園大会、鳴海大会、宝塚大会と3つの場所でそれぞれ大会をそれぞれ行い優勝を争っていたのだ。この第1回リーグ戦に東京巨人軍は参加していない。アメリカ遠征を行っていたからだ。アメリカ遠征から戻った直後に藤本定義監督が合流。監督へ就任し、夏の連盟結成記念全日本野球選手権に参加する。
この大会では東京大会、大阪大会、名古屋大会と3つの地で大会が行われるが東京巨人軍はいずれの大会でも優勝することはできず、通算で2勝5敗という成績で初めてのリーグ戦を終えたのだ。
この歴史ある1936年に開始されたプロ野球。参加したのは下記の7球団だ。

【初年度参加の7球団】
大日本東京野球倶楽部(巨人)
大阪野球倶楽部(タイガース)
名古屋野球倶楽部(名古屋金鯱軍)
東京野球協会(セネタース)
大日本野球連盟名古屋協会(名古屋軍)
大日本野球連盟東京協会(大東京軍)
大阪阪急協会(阪急)

おすすめの記事