「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神で2度のリーグ優勝!藤本定義監督【球史に名を残した偉人達】

2017 6/28 09:44cut
baseball,ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人で残した功績

1936年から巨人の監督としてチームを率い、7度の優勝を飾った藤本定義監督。1938年秋季リーグから1942年(1939年から1シーズン制)までの5シーズンで5連覇を成し遂げ巨人を退団した。この5連覇は川上哲治監督が達成したV9に次いで、水原茂監督と並ぶ巨人史上2位の記録となっている。
藤本監督が退任した翌年の1943年も巨人はチームの主力だった初代三冠王の中島治康選手が兼任監督となり優勝を飾っている。藤本監督としては5連覇だったが巨人としては6連覇を達成していたのだ。1944年は阪神に8ゲーム差をつけられ2位となり一つの時代が終わった。その後、太平洋戦争もありリーグは中断となったのだ。
巨人の監督として一時代を築いた藤本監督は他球団の監督、コーチを引き受けることはなかった。しかし、藤本監督が巨人退団後に身を寄せていた田村駒治郎氏から誘いを受け、1946年にパシフィックの監督に就任した。藤本にとって4年ぶりの現場復帰となったのだ。
※パシフィック:横浜DeNAベイスターズの傍系球団

巨人退団後の数年間は弱小チームで采配

パシフィックの監督へと就任した藤本監督だが、巨人時代のように勝利を積み上げることはできない。監督復帰初年度は8球団中7位(42勝60敗)と低迷。巨人時代のような中心選手もいない状況で藤本監督は戦力に苦しんでいたのだ。翌1947年はチーム名が太陽ロビンスへと代わり心機一転となった。しかし、8球団中7位(50勝64敗5分)と順位を上げることはできずにこのシーズン限りで退団となってしまう。
パシフィック(太陽ロビンス)では思うような成績を挙げることができなかった藤本監督だが、その間に日本野球選手会の立ち上げを行った。これは、2017年現在にも残っている日本プロ野球選手会の前身に当たる団体だ。プロ野球選手の地位向上を目的として作られたこの会の初代会長になった。
1947年で太陽ロビンスの監督を退いた藤本監督は翌1948年から金星スターズの監督へと就任する。金星スターズは1949年から大映スターズとなる「ラッパの永田」こと永田雅一がオーナーのチームだ。
1946年、1947年と坪内道則監督でリーグを戦ったが結果を残すことができない。そのために、実績のある藤本監督を招聘したのだ。
藤本監督は1948年から1956年までの9年間にわたりチームを率いて3度のAクラス入りを達成させた。
※金星スターズ/大映スターズ:千葉ロッテマリーンズの傍系球団

おすすめの記事