「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

WBCでラッキーボーイ的な活躍!小林誠司選手

2017 6/28 09:44cut
baseball catcher
このエントリーをはてなブックマークに追加

広陵高校では甲子園準優勝

小林誠二選手は大阪府堺市出身で泉北ボーイズで野球をプレーし、高校から広島県の強豪校である広陵高校に進学する。広陵高校時代に捕手に転向し、野村祐輔選手(現広島)とバッテリー組み夏の甲子園で準優勝に輝いた。

決勝戦の佐賀北高校との一戦では逆転満塁本塁打を浴び、あと一歩のところで優勝を逃した小林選手は、野村選手同様に大学へ進学する。野村選手が東京六大学の明治大学に進んだのに対し、小林選手は関西学生野球連盟の同志社大学へと進んだ。

同志社大学時代は日本代表に選ばれるなどトップクラスの実力を誇り、ドラフト候補としても注目を浴びていたが、上位指名以外ならプロ入りはせずに日本生命へ進むことを公にした上でプロ志望届を提出。しかし、ドラフト会議で名前を呼ばれることはなく、当初の予定通りに日本生命へと進む。

日本生命では社会人ベストナインを獲得するなど大学時代にまして成長。2013年のドラフト会議では読売ジャイアンツから1位指名を受けプロ入りする。広陵高校時代にバッテリーを組んでいた野村選手はすでに新人王を獲得しており、前田健太選手らとともに、広島のローテーション投手として活躍していた。

プロ入り後の苦悩

2013年のドラフト会議で巨人に1位指名された小林選手は大卒社会人出身ということもあり、阿部慎之助選手の後継者候補として大きな期待をかけられていた。

1年目から63試合、2年目に70試合に出場と徐々にではあるが信頼を得るようになる。3年目の2016年には初めて100試合を超える129に出場し打率.204、4本塁打、35打点の成績を残した。小林選手にとって初めての規定打席到達、またこれは12球団の捕手で唯一だった。しかし、打率.204は規定打席到達者の中で最下位となり、打撃面ではチームへの貢献ができたとは言いがたい。

そのため、日本代表でも代打を送られるなど一人前として見られることはなかった。

おすすめの記事