「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年シーズンは中継ぎ固定!?牧田和久選手

2017 6/28 09:44cut
baseball ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

大けがを負ったアマチュア時代

牧田和久選手は静岡県出身で静清(せいせい)工業高校(現在の静清高校)に入学し、1年時にアンダースローへと転向した。プロ野球でアンダースローは珍しいが、高校野球などのアマチュア野球界では珍しくない。高校時代に甲子園出場はなく、プロからの注目も浴びていなかった牧田選手。関甲新学生野球連盟の平成国際大学へと進学する。

大学時代には日米大学野球選手権の日本代表にも選ばれるなどの実力を誇っていた。牧田選手がドラフト解禁となる2006年は大学生にプロ志望届がない。プロ入りを意識していたものの、指名はなく社会人野球の日本通運へと進む。

日本通運では1年目から都市対抗、日本選手権といった2大大会の舞台を経験する。その牧田選手を悲劇が襲う。2年目の日本選手権でバント処理を行った際、右ヒザ前十字靱帯を断裂。一年もの間登板できずリハビリに費やしたのだ。そのため、社会人としてのドラフト解禁年に注目を浴びていたものの、プロからの指名はなかった。

牧田選手がドラフト指名を受けたのは2010年のドラフト会議だった。斎藤佑樹選手ら「ハンカチ世代」が大学卒業となるこのドラフトで、大石達也選手に次ぐ2位指名で埼玉西武ライオンズが牧田選手を指名したのだ。

新人王を獲得も起用法が定まらず

牧田選手はルーキーイヤーとなる2011年シーズンの開幕から一軍入りを果たし交流戦までは先発を務める。しかし、好投するも味方打線の援護も少なく白星に結びつかない。10試合の先発で2勝4敗、防御率2.85の内容だった。

この時点で西武は中継ぎ陣の不調もあり、安定感のある牧田選手を中継ぎに配置転換した。任された役割はクローザーだ。6月26日からクローザーを務めた牧田選手は、8月に2試合連続で失点を喫し連敗したものの、シーズンを通して安定した成績を残す。

55試合の登板で5勝7敗22セーブ、1ホールド、防御率2.61の成績で新人王に輝いた。西武では1999年の松坂大輔選手以来12年ぶりの新人王獲得となっている。

1年目の後半から抑えとして活躍した牧田選手だが、2年目からは一転して先発起用が続く。2012年から2014年までの3年間は先発起用のみとなり、3年間で29勝をマーク。この成績が評価され2015年には自身初となる開幕投手を歴任するなど実績を積み重ねる。

しかし、シーズン途中にクローザーであった高橋朋己選手が不調に陥ると8月から再び中継ぎに配置転換。その後、8月後半になると先発投手陣の不足から4試合に先発起用されるなど起用法が一貫せず、牧田選手にとって不本意なシーズンとなった。

おすすめの記事