「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年シーズン2000本安打への期待がかかる鳥谷敬選手

2017 6/28 09:44cut
baseball runner
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代はピッチャーも経験

鳥谷敬選手といえば、長く阪神のキャプテンも務めた大人気選手だが、出身は東京都東村山市だ。幼い頃の鳥谷選手は、少年野球クラブやシニアクラブで左打ちバッターとして活躍した。

聖望学園高校に入学した鳥谷選手は、1999年夏の甲子園に出場する。当時は投手としてもプレーし、143キロの速球をマークするなど背番号「6」ながらマウンドにも登った。一回戦敗退しているが、甲子園でのプレーはその後、阪神タイガースでの選手生活に影響を与えたはずだ。プライベートでは、当時の高校のマネージャーと後に結婚している。

早稲田大学に入学した鳥谷選手は、やがてメジャーでも活躍を見せることになる青木宣親選手らと同期で、ともに東京六大学野球で大活躍をした。遊撃手専門として5度のベストナインに輝き、最速タイとなる二年の春に三冠王を獲得、二度の首位打者などの記録を重ね、一躍大学野球界のヒーローになった。

自由獲得枠で阪神入団のドラフト注目選手

鳥谷選手はすでに大学野球界で大人気、期待の高い注目選手として2003年のドラフトをにぎわせた。ドラフト同期は、同大学で後にメジャーでも活躍する青木宣親選手、そして日本ハムの日本一に後に大きく貢献し、その後に鳥谷選手ともチームメイトとなる糸井嘉男選手や、投手では巨人内海哲也選手などが挙げられた。

鳥谷選手は自由獲得枠で阪神へ入団。他球団も名乗りを上げていたといわれるが、阪神タイガースに決めたきっかけは、早稲田大学の先輩、当時の岡田監督の影響と、天然芝のグラウンドでプレイしたいという意志からだったと後に語っている。天然芝のグラウンドは体に負担がかかりにくく、選手生命が長くなると思ったそうだ。
実力のみならずその二枚目ぶりから人気も高く、メディアに大きく取り上げられ、一部報道では「阪神のショートは10年困らない」と言われたほどだった。

プロ入り後の鳥谷選手は、プロの大きな壁に苦しみながらも、遊撃手としてレギュラーを勝ち取り、フルイニング連続出場記録、ベストナイン出場、ゴールデングラブ賞などを手にし、阪神タイガースに欠かせない主要選手として成長していく。

おすすめの記事