「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力で日本のエースへを勝ち取る!菅野智之選手

2017 6/28 09:44cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代に甲子園出場はならず

2017年現在、読売ジャイアンツのエースとして活躍する菅野智之(すがの ともゆき)選手は、原辰徳元読売ジャイアンツ監督の甥っ子に当たる。菅野選手は原監督の妹の息子なのだ。そのため、東海大相模高校時代から実力以上に注目を浴び、世間を賑わせていた。

東海大相模高校では田中広輔選手(現広島)と同級生でもあり、大田泰示選手(現日本ハム)の一学年先輩に当たる。菅野選手が2年次の春にチームはセンバツ甲子園に出場を果たすが、菅野選手はベンチ入りできず、甲子園出場の夢は叶わなかった。この甲子園で田中選手は2年生ながら遊撃のレギュラーを獲得し、背番号「4」で出場を果たしていた。

2年生秋の新チームからエースを任された菅野選手だが3年時に甲子園出場はならず、高校時代に全国の舞台で戦うことはできなかった。高校卒業後にプロへ進むことはせず東海大学へと進学する。田中選手も同様に東海大学へと進学し、高校に続いて大学でもチームメートとなった。

圧倒的な成績を残した大学時代

東海大相模高校から首都大学野球連盟の強豪・東海大学へと進学した菅野選手は、1年春のシーズンから試合に登板し1年秋から先発を任される。大学時代は37勝4敗、防御率0.57という圧倒的な成績を残し、2度のMVPを獲得、2年から4年までの6季は最優秀投手に輝いている。

菅野選手と同期では東洋大学の藤岡貴裕選手、明治大学の野村祐輔選手が東都大学野球連盟、東京六大学野球連盟でそれぞれ活躍しており、ドラフト前には「大学ビッグ3」と称され注目を浴びていた。

またリーグ戦以外でも菅野選手は、東都大学野球連盟や東京六大学野球連盟に比べるとレベルが劣ると言われていた、首都大学野球連盟の意地を見せている。4年間で大学選手権に3度、神宮大会に1度出場し10試合に登板。50.2回を投げ52奪三振、防御率0.53と脅威的な成績を残したのだ。

この実力を見せた菅野選手は「原監督の甥っ子」という評判ではなく、菅野選手自身の実力で評価を上げた。しかし、巨人一筋であり当時監督を務めていた「原監督の甥っ子」という大きなハードルがあり、巨人以外の11球団は実力を認めながらもドラフト指名しないものだと思われていた。

おすすめの記事