実力で日本のエースへを勝ち取る!菅野智之選手|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実力で日本のエースへを勝ち取る!菅野智之選手


高校時代に甲子園出場はならず

2017年現在、読売ジャイアンツのエースとして活躍する菅野智之(すがの ともゆき)選手は、原辰徳元読売ジャイアンツ監督の甥っ子に当たる。菅野選手は原監督の妹の息子なのだ。そのため、東海大相模高校時代から実力以上に注目を浴び、世間を賑わせていた。

東海大相模高校では田中広輔選手(現広島)と同級生でもあり、大田泰示選手(現日本ハム)の一学年先輩に当たる。菅野選手が2年次の春にチームはセンバツ甲子園に出場を果たすが、菅野選手はベンチ入りできず、甲子園出場の夢は叶わなかった。この甲子園で田中選手は2年生ながら遊撃のレギュラーを獲得し、背番号「4」で出場を果たしていた。

2年生秋の新チームからエースを任された菅野選手だが3年時に甲子園出場はならず、高校時代に全国の舞台で戦うことはできなかった。高校卒業後にプロへ進むことはせず東海大学へと進学する。田中選手も同様に東海大学へと進学し、高校に続いて大学でもチームメートとなった。

圧倒的な成績を残した大学時代

東海大相模高校から首都大学野球連盟の強豪・東海大学へと進学した菅野選手は、1年春のシーズンから試合に登板し1年秋から先発を任される。大学時代は37勝4敗、防御率0.57という圧倒的な成績を残し、2度のMVPを獲得、2年から4年までの6季は最優秀投手に輝いている。

菅野選手と同期では東洋大学の藤岡貴裕選手、明治大学の野村祐輔選手が東都大学野球連盟、東京六大学野球連盟でそれぞれ活躍しており、ドラフト前には「大学ビッグ3」と称され注目を浴びていた。

またリーグ戦以外でも菅野選手は、東都大学野球連盟や東京六大学野球連盟に比べるとレベルが劣ると言われていた、首都大学野球連盟の意地を見せている。4年間で大学選手権に3度、神宮大会に1度出場し10試合に登板。50.2回を投げ52奪三振、防御率0.53と脅威的な成績を残したのだ。

この実力を見せた菅野選手は「原監督の甥っ子」という評判ではなく、菅野選手自身の実力で評価を上げた。しかし、巨人一筋であり当時監督を務めていた「原監督の甥っ子」という大きなハードルがあり、巨人以外の11球団は実力を認めながらもドラフト指名しないものだと思われていた。

ドラフトでまさかの競合

「大学ビッグ3」として注目を浴びて迎えた2011年のドラフト会議。大学生からは藤岡選手に人気が集まり、高校生では東海大甲府高校の高橋周平選手が注目を集めていた。

会議が進むと予想通りに藤岡選手、高橋選手へ入札が集まる。入札発表順が8番目だった巨人は藤岡選手、野村選手、高橋選手ではなく菅野選手に入札。だれもが一本釣りと思われたその次の瞬間、なんと、北海道日本ハムファイターズが菅野選手を強行指名したのだ。ドラフト会場は大きく盛り上がる。

入札が重複したために巨人と日本ハムで抽選を行うが、原監督は抽選を引かず命運を清武英利球団代表にゆだねる。一方、日本ハムは津田敬一球団社長が抽選に臨んだ。運命の抽選は日本ハムが交渉権獲得の当たりくじを引き、菅野選手の巨人入りは絶たれてしまうのだ。

この後、菅野選手は日本ハムへの入団を拒否し、1年間の浪人を経て2012年のドラフト会議に臨む。その際は巨人が単独指名となり1年越しの巨人入団が叶うことになったのだ。

この年も日本ハムはメジャー志望を打ち出していた花巻東高校の大谷翔平選手を強行指名。大谷選手は粘り強い交渉の末に入団に至った。

巨人入団後はエースの道へ

2012年ドラフトで巨人に入団した菅野選手。1年目からローテーション投手として活躍し13勝6敗、防御率3.12の成績を残す。例年であれば新人王でもおかしくない成績だったが、東京ヤクルトスワローズの小川泰弘選手が、16勝4敗で最多勝、最高勝率のタイトルを獲得したため新人王もさらわれてしまう。

2年目の菅野選手は12勝5敗、防御率2.33と1年目に匹敵する成績を残し、最優秀防御率を獲得。2年目のジンクスをものともしなかった。しかし、故障の影響もありシーズン終盤からポストシーズンへの登板は叶わず、不完全燃焼とも言えるシーズンとなってしまう。それでもリーグトップの3完投を含めリーグ優勝に貢献したことでMVPに輝く。

2015年シーズン以降も菅野選手は活躍を続けるが、なかなか勝ち星が伸びない。2015年シーズンは防御率1.91ながら10勝11敗と負け越し、2016年シーズンは最優秀防御率となる防御率2.01をマークするも、二桁勝利に届かず9勝6敗の成績に終わる。
2017年シーズンはエースとして抑え勝ち星のつく投球が臨まれる。

WBCでは代役エース

2017年開幕前に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。日本代表のエースは大谷選手と日本国民誰もが思っていた。しかし、日本代表メンバー発表後に故障による辞退。ここでエースとしての役割を追ったのが菅野選手だ。

小久保裕紀日本代表監督も「エースは菅野」と明言し、菅野選手を中心としたローテーションを組むことを決断した。初登板は1次ラウンド2戦目となるオーストラリア戦だ。この試合は本拠地でもある東京ドームと言うことで菅野選手には圧倒的な投球が期待されていた。

しかし、5回途中1失点と先制点を許してしまったのだ。内容的には悪くなかったが、先制点を本塁打で浴びてしまったことに悔しさを表している。雪辱を期して臨んだ2次ラウンドのキューバ戦では、4回4失点とまたしても波に乗れない。試合には勝ったものの菅野選手は不本意な成績で準決勝の地アメリカ・ロサンゼルスへと乗り込む。

負けたら終わりの準決勝アメリカ戦で、菅野選手は今までの悔しさを晴らすかのような圧巻の投球を見せた。強打のアメリカ打線を6回1失点(自責0)、被安打3、与四球1、奪三振6でまとめ、メジャーリーグ関係者からも評価を受けたのだ。アメリカ代表を率いるジム・リーランド監督は「菅野はメジャーリーグの投手だ」と絶賛。その実力を発揮することができたのだ。

激闘を経て日本に戻ってきた菅野選手は予定されていた巨人の開幕戦登板を回避。「予想以上に疲労がたまった」とコメントし、激闘のすごさを伝えてくれた。
1989年生まれの菅野選手は、今後の国際大会でも日本代表の主戦としての活躍が臨まれている。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!