「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

所属チームすべてで活躍する超人!?糸井嘉男選手

2017 6/28 09:44cut
baseball bat
このエントリーをはてなブックマークに追加

近畿大学で大ブレイクした糸井嘉男選手

現在、阪神タイガースで活躍する糸井嘉男選手は、野村克也元東北楽天ゴールデンイーグルス監督と隣町の京都府与謝郡与謝野町の出身だ。中学、高校は無名で甲子園にも縁がなかった糸井選手は、京都府立宮津高校を卒業後に近畿大学へと進学する。

近畿大学では元楽天の中村真人選手、元ロッテの田中雅彦選手らと共に活躍し、関西六大学野球連盟春のリーグ戦でMVP、ベストナイン、最優秀投手の三冠に輝いた糸井選手。この活躍でドラフト候補として注目されるようになった。

糸井選手は2003年のドラフト会議で「投手」として注目され、自由獲得枠を用い北海道日本ハムファイターズへと入団を果たした。

投手から野手への転向

糸井選手は2003年のドラフトで、近畿大学から北海道日本ハムファイターズへと入団した。その当時、糸井選手は現在のような野手ではなく、投手としての指名だった。投手としてもドラフト上位の実力があったからこそ、自由獲得枠での入団となったのだ。

即戦力として期待されながら入団した糸井選手は、ルーキーイヤーとなる2004年に一軍昇格はかなわなかった。翌2005年も一軍での登板機会はなく、ファンの期待を大きく裏切ることになってしまう。

しかし、3年目の2006年シーズン序盤に投手から野手へと転向すると実力を発揮し、二軍で52試合で打率.306、8本塁打、27打点、8盗塁の成績を残す。規定打席には到達しなかったものの、野手転向1年目で打率3割をマークし期待を抱かせてくれた。

この投手から野手への転向が糸井選手の運命を変えた。4年目のシーズンとなる2007年に初めて一軍昇格を果たすと、2008年には63試合に出場、2009年にはレギュラーとなり、131試合で打率.306と一軍でも3割を残すようになった。以降、日本ハムの中心選手として糸井選手は、2012年シーズンまで4年連続で打率3割をマークすることになるのだ。

おすすめの記事