「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハムの主砲から日本の主砲へ!中田翔選手

2017 6/28 09:44cut
baseball batter
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島の野球少年から大阪桐蔭高校へ

今や日本ハムファイターズの主砲、そして侍ジャパンの主要メンバーとして名を連ねる中田翔選手は、広島出身の野球少年だった。

中田選手はジュニアリーグ、シニアリーグから頭角をあらわす。シニアリーグでの活躍が大阪桐蔭高校の監督の耳に入り誘いを受け、広島の実家から離れることになるものの、大阪への進学を決める。一年生の時からレギュラーで、当時は投手としても試合に出ることもあり、150キロ近い剛速球を投げるなど、高校生の頃から投打で見せる選手だった。当時の同級生には、のちに埼玉西武ライオンズの選手となる岡田雅利選手もいた。

2005年夏の甲子園大会ではベスト4など、3年間にわたり甲子園でも熱い戦いを見せ、高校時代には通算87本という驚きの本塁打数を叩き出す。甲子園大会でも通算4本塁打と「平成の怪物」というニックネームがつくほどだった。

4球団から1位指名を受けたドラフト会議

2007年の高校生ドラフト会議で「平成の怪物」と話題を呼んでいた中田選手は、東京ヤクルトスワローズの佐藤由規投手(仙台育英高校)、千葉ロッテマリーンズのローテーション投手となる唐川侑己投手(成田高校)らとともに「高校ビッグスリー」といわれ、この3人が各球団の入札を集める。阪神タイガース、オリックス・バファローズ、福岡ソフトバンクホークスも中田選手獲得に名乗りを上げたが、抽選で北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得。交渉の末、入団に至った。

北海道の印象を聞かれた中田選手は、「白い恋人」という珍回答を返したが、新天地・北海道で不動の4番としての大活躍することになり、北海道ファンの期待に応える形になる。同世代には、のちの2016年の日本シリーズで対戦することになる広島カープの「タナキクマル」こと、田中広輔選手、菊池涼介選手、丸佳浩選手や、巨人のエース菅野智之投手なども名を連ねている。

おすすめの記事