「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜高校時代から圧倒的な存在感を放っていた松坂大輔選手

2017 6/28 09:44cut
baseball、pitcher
このエントリーをはてなブックマークに追加

公式戦44連勝!圧倒的な高校3年時

松坂大輔選手は、横浜高校でエースとして甲子園春夏連覇を果たし、世代のトップに君臨した。その戦績は誰もが驚くものとなっている。2年秋に新チームを結成して以降44連勝で1年を終えたのだ。公式戦全勝で終えたチームは1998年の横浜高校しかなく、2017年現在で破られていない大記録になっている。

戦績としては2年秋の明治神宮大会、3年春夏の甲子園、国体と前人未踏となる4冠を達成した。そのときの松坂選手のニックネームは「平成の怪物」だった。

甲子園では激戦も多く奇跡的勝利も見受けられる。特に夏の甲子園では準々決勝のPL学園戦で延長17回の死闘を制すと、翌準決勝では8回表まで0-6と6点のビハインドと敗色濃厚であったにもかかわらず8回、9回で7点を奪い逆転サヨナラ勝ち。そして決勝では京都成章相手にノーヒットノーランと、まさに漫画のような展開で世代のトップに立ったのだ。
この横浜高校時代の同級生には後藤武敏選手、小池正晃選手、小山良男選手らがおり後のプロ野球選手が松坂選手を含めて4人もそろっていたのだ。

そして、その秋のドラフトでは西武ライオンズ、日本ハムファイターズ、横浜ベイスターズの3球団から1位指名を受け抽選の末に西武が交渉権を獲得し入団に至った。

有望選手が多数の松坂世代

松坂選手の生まれた1980年4月2日から1981年4月1日までの世代をいつしか「松坂世代」と呼ぶようになった。その中心に高校時代から君臨するのが松坂選手だ。「松坂世代」と呼ばれる選手達は高卒プロ入り組、大卒プロ入り組、社会人経由でのプロ入り組に分かれており、下記の選手が代表的な選手になる。

高卒プロ入り組では藤川球児選手(阪神)、森本稀哲(もりもとひちょり)選手(元西武他)、實松一成(さねまつかずなり)選手(巨人)、東出輝裕(ひがしであきひろ)選手(元広島)、小池正晃選手(元横浜他)らがおり2017年シーズンでは松坂選手の他に藤川選手、實松選手が現役でプレーを続けている。

大卒プロ入り組では和田毅選手(ソフトバンク)、村田修一選手(巨人)、永川勝浩選手(広島)、館山昌平選手(ヤクルト)、小谷野栄一選手(オリックス)、後藤武敏選手(DeNA)らが現役でプレーを続けており和田選手は松坂選手同様にメジャーリーグにも挑戦した。

社会人経由での入団は杉内俊哉選手(巨人)、久保康友選手(DeNA)、渡辺直人選手(西武)らが現役でプレーしている。

このように多くの選手が松坂選手と同世代で高校、大学、社会人そしてプロで競い合っているのだ。2017年シーズンは37歳となる「松坂世代」の選手達だが、一戦で活躍を続ける選手も多く最後の一花を咲かせることに期待がかかっている。

おすすめの記事