「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

話題性だけでなく実力もあるぞ!オコエ瑠偉選手

2017 6/28 09:44cut
baseball,runner
このエントリーをはてなブックマークに追加

驚異的な身体能力を魅せた関東一高時代

オコエ瑠偉選手はナイジェリア人の父、日本人の母を持ったハーフの選手だ。生まれは東京都の東村山市となっておりナイジェリアではない。そのため、日本語も問題なくしゃべることができ、高校も東東京の強豪校である関東一高へと進学している。

関東一高では3年夏の甲子園に出場し全国的な知名度をアップさせた。抜群の身体能力を誇り、躍動感溢れるプレーを魅せたオコエ選手。一塁強襲安打を二塁打にするなど、人間離れしたプレーを魅せたオコエ選手は甲子園終了後のU-18ワールドカップ日本代表にも選出され、打率.364(33打数12安打)を記録する。また、脚力を生かした広範囲にわたる守備もみせ、最優秀守備賞も獲得するのだ。

その後、プロ志望届を提出したオコエ選手はドラフト1位候補として注目を浴びるようになった。迎えたドラフト会議では、オコエ選手と同じく甲子園を沸かせた平沢大河選手(仙台育英高校)の抽選に外れた東北楽天ゴールデンイーグルスがハズレ1位で指名する。

ハズレ1位で指名が重複することはなくオコエ選手は楽天へと入団を果たすのだ。

球団史上初の「サクラサク」

2015年のドラフト1位で楽天へと入団したオコエ選手。2月1日に始まる春季キャンプ初日から注目を浴びる。高卒ルーキー野手としては異例となる一軍キャンプとなったオコエ選手は活躍してもしなくても新聞に取り上げられるほどの注目だった。キャンプ初日に詰まった当たりが多く不安視もされたが、池山隆寛打撃コーチの指導もあり2日目にはヒット性の当たりも見られるようになった。
このような、光景が毎日のようにスポーツ新聞に掲載されるのだ。これは高卒ルーキー野手としては異例のことで、シーズンオフのインタビューでも笑いながら回想していたほどだ。

それほど、周囲からの期待が多かったと言うことだろう。オープン戦でもオコエ選手は13試合に出場し打率.174(23打数4安打)、0本塁打、4打点、1盗塁の成績を残し「期待枠」として開幕一軍入りを果たした。梨田昌孝監督はオープン戦の全日程が終了後に「オコエもサクラ咲くでいいかな?」と独特の表現で開幕一軍入りを示唆。迎えた開幕メンバー発表日にオコエ選手は開幕登録メンバーに名を連ねていた。高卒新人の開幕一軍入りは楽天史上初のことだった。

おすすめの記事