「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ルーキーイヤーからフル回転!則本昂大選手

2017 6/28 09:44cut
baseball pitcher
このエントリーをはてなブックマークに追加

29年ぶり!ルーキーイヤーに開幕投手

2012年ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた則本昂大(のりもと たかひろ)選手。2013年のルーキーイヤーから開幕投手を任されるほどの期待を背負った船出だった。この年は第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)もありエースであった田中将大選手(現ヤンキース)が開幕戦を回避したため則本選手に白羽の矢が立ったのだ。

1984年の高野光選手(元ヤクルト)以来の新人投手による開幕投手となった則本選手は6.1回4失点、奪三振6、与四球1の投球で敗戦投手となってしまう。2試合目の登板となった翌週の試合で6回2失点と先発投手の役割を果たしプロ初勝利をマーク。この試合では打線の援護も10点あり則本選手も余裕を持って投げることができたのだ。

この年は田中選手が開幕から24連勝という大記録を打ち立て球団創設以来、初めてのリーグ優勝、日本一を達成した。メディアなどでは投手は田中選手、打線ではアンドリュー・ジョーンズ選手、ケイシー・マギー選手が多く取り上げられたが則本選手も27試合に登板し15勝8敗、170回、奪三振134、防御率3.34の成績を残し新人王を獲得した。シーズンにおいて則本選手も大きな貢献をしていたのだ。

日本シリーズでのフル回転

1年目のシーズンで開幕投手を務め15勝をマークした則本選手はポストシーズンでも活躍する。千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズファイナルステージ第2戦で先発登板を果たした則本選手は9回1失点の好投を見せるが、打線の援護がなく延長戦の末に試合には敗れてしまった。

田中選手らの活躍でチームはロッテを下し日本シリーズへと進出した楽天。日本シリーズ初戦の先発投手に則本選手を起用する。エースの田中選手ではなく則本選手を起用した星野仙一監督の采配は注目を集めた。

その則本選手は第1戦で読売ジャイアンツ相手に好投を見せるが、この試合でも打線の援護がなく敗戦投手となってしまう。これが則本選手にとってこの日本シリーズにおいて最後の先発登板となった。星野監督は則本選手を日本シリーズで中継ぎ待機させる作戦をとったのだ。

第5戦でその機会は訪れた。先発の辛島航選手が5回無失点でマウンドを降りると6回から則本選手が中継ぎとしてマウンドに登ったのだ。2-0とリードした状態だったが7回、9回に得点を許し2-2のビハインドのまま試合は延長戦へ。その延長10回、則本選手は打席が回ってくる。誰もが代打を送られると思われた瞬間だったが星野監督は則本選手を打席に向かわせる。結果、四球を選び出塁した則本選手は後続の安打もあり決勝点となるホームを踏んだのだ。

そして、迎えた第7戦では美馬学(みま まなぶ)選手が6回まで無失点と巨人打線を抑え7回から登板。7回、8回を0点に抑え田中選手へとバトンを繋いだ。

田中選手が最後、ピンチを招いたものの3-0で巨人を下しチーム史上初の日本一に輝いたのだ。その裏には則本選手のフル回転があったことを忘れてはいけない。

おすすめの記事