「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新戦力でチームも変化!?2017年に新加入した選手たちの活躍とは

2017 6/28 09:44Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

FAで加入した日本を代表する外野手!阪神 糸井嘉男

2017年3月31日、いよいよプロ野球の2017年シーズンが始まった。昨年オフもトレードやFAで様々な選手が移籍し、ドラフトでも各世代で実績を残した選手たちが続々入団。彼らがどれほどの結果を残してくれるか注目が集まっている。今回は新加入した選手たちの活躍についてまとめてみた。
まず最も大きな影響を与えているのが、阪神タイガースへと移籍した糸井嘉男選手ではないだろうか。04~12年までは日本ハム、13~16年まではオリックスに在籍し、規定打席に到達した8年のうち7度の3割を記録した実績抜群の選手だ。通算安打数は1521本、2014年には.331で首位打者を獲得しており、ゴールデングラブ賞7度と守備も抜群、2016年には35歳とベテランの域に入りながら、53個の盗塁を記録し、史上最年長での盗塁王を獲得した(西武ライオンズの金子侑司選手と同数)。走攻守すべてがそろった、頼もしい外野手が阪神へと入団した。
新天地では、主に3番センターのレギュラーとして期待されている。オープン戦では9試合のみの出場で、あまり結果も出ていなかったが、いざシーズンが始まると、開幕戦でタイムリーを放ったり、4月2日~5日にかけて3試合連続のホームランを放ったりと、バッティングの方でチームを牽引している。
特に5日のヤクルト戦での本塁打は、同点からの勝ち越しスリーランだった。チームは開幕から好調だが、間違いなく大きな存在となっているだろう。

デビュー戦があわやノーヒットノーラン!?広島 加藤拓也

ルーキーながら大きな注目を集めているのが、広島東洋カープの加藤拓也選手だ。2016年のドラフトで新加入した選手なのだが、1位指名ということもあり、キャンプ中から非常に期待された存在だった。カープは昨年セリーグを制覇したものの、やはり黒田博樹さんが引退した穴は大きく、それを埋める人材の発掘が急務だったのだが、そのポスト黒田の筆頭候補としてあげられていたのが、この加藤選手なのだ。
実はオープン戦では制球がいまいちだった。2試合で10イニングで3失点と、防御率だけを見れば2.70という無難な成績なのだが、15日の楽天戦では5イニングで98球を要したり、20日のオリックス戦では5回で4四球を出してしまったりと、防御率以上にプロの壁に苦しんでいたのだ。
しかし、4月7日のヤクルト戦、クリス・ジョンソン選手が咽頭炎で登板を回避したために急遽出番が回ってくると、なんとあわやノーヒットノーランというピッチングを見せたのだ。結局9回1死からバレンティン選手にレフト前ヒットを打たれて快挙達成とはならなかったが、鮮烈な公式戦デビューとなった。

おすすめの記事