「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あのホームラン記録を振り返る!ウラディミール・バレンティンの軌跡

2017 6/28 09:44Mimu
野球 バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

WBCではオランダ代表として大活躍だったバレンティン

2017年WBCでは、オランダ代表の4番バッターとして大活躍だったウラディミール・バレンティン選手。.615 4本塁打 12打点を記録し、ベストナインにも選出された。結局日本チームと同じくベスト4という成績だったが、その長打力は世界でもトップクラスにあることを証明した。さすがはNPBのシーズン本塁打記録保持者だけのことはある。2017年シーズンも、その長打力を発揮してくれるだろうか。
今回は期待も込めて、バレンティン選手の来日当初からNPB記録を更新するまでを振り返っていこう。

【2011年その1】当初はチームバッティングを期待されての来日

バレンティン選手は2010年オフにヤクルトスワローズに入団した。当初は肩の強さとチームバッティングを評価されての入団だったそうだ。当時のヤクルトには青木宣親選手(現ヒューストン・アストロズ)以外の外野が固定されておらず、それでいて前年にはアーロム・ガイエル氏、ジェイミー・デントナ氏の両外国人が成績不振により退団。そこで外野を安定して守ることができ、チームバッティングと長打力を兼ね備えたバレンティン選手が入団したのだ。
しかし、いざシーズンが始まると、いろいろな意味で予想外の成績を残した。この年は統一球が導入され、選手たちが軒並みホームラン数を減らす中、1人だけ桁違いの長打力を発揮する。この年は震災もあって4月12日と遅めの開幕だったのだが、それでも4試合目の16日に初ホームランを記録すると、この半月間の間だけで6本塁打を記録したのだ。5月にはさらに絶好調となり、13日には1試合3本塁打を記録。5月は.397 6本塁打 14打点と大爆発し、月間MVPも獲得した。

おすすめの記事