「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

いまだ健在の火の玉ストレート!藤川球児のストレートの秘密とは

2017 6/28 09:44Mimu
野球 つかみ
このエントリーをはてなブックマークに追加

4シーズンぶりの古巣で復活した藤川球児

2016年は4シーズンぶりに阪神タイガースへと復帰した藤川球児選手。開幕当初は先発で5試合に登板するも1勝2敗 防御率6.12となかなか結果が出なかったが、リリーフに回ってからは38試合に登板して4勝4敗3セーブ10ホールド 防御率3.58と復活を果たした。
特に37回2/3で46個の三振を奪い、まだまだ火の玉ストレートが健在であるというところをアピールする。以前のように150km/hを越える剛速球をバンバン投げるというシーンは少なくなったが、それでも打者のバットは空を切り続けた。
2016年の全投球のうち、ストレートの割合が68%というのは、NPBの全投手の中でも最高の数値だ。シーズン通算で奪った70個の三振のうち、約6割の43個はストレートで奪っている。このストレートの秘密はいったい何なのだろうか。今回は藤川選手の今までを振り返るとともに、その秘密に迫っていく。

2004年までは全く芽が出ず

藤川選手は、実は5年目までは全く結果の出ない選手だった。松坂世代と呼ばれる1980年生まれで、98年のドラフト1位で阪神タイガースへと入団。非常に期待された存在であったのだが、なかなか1軍では結果がでず、5年目の2003年終了時までの通算勝利数は2つ(登板数は48試合、うち先発は14度)。戦力外通告の筆頭候補であったともいわれていた。
しかし、2004年から中継ぎに転向すると、フォーム改造の効果もあってか次々と三振を量産。31イニングで35個の三振を奪い、シーズン後半にはセットアッパーとして定着した。

おすすめの記事