「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千賀滉大ってどんな選手?世界で見せた”おばけ”フォークとは

2017 6/28 09:44Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

おばけフォークの使い手、千賀滉大とは

2017年のWBCで、一躍知名度を上げたのが、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大(せんがこうだい)選手だろう。育成選手出身ながら、日本代表にも選ばれるまでに成長し、さらに登板した各試合では、試合の流れを変えるようなピッチングを披露していた。クールな外見ながら、闘志あふれるピッチング。大舞台でも堂々たるその姿に、全国のファンをわき上がらせる。
そして何より彼を有名にしたのが、代名詞ともいえる「おばけフォーク」だろう。びっくりするほど落差の大きいフォークということで、こう呼ばれるようになった。しかし、パリーグファン、ホークスファン以外の方にとっては、まだまだ情報の少ない選手かと思う。今回は千賀選手について、紹介していこう。

実はドラフトで11人中9番目の評価

千賀選手は、愛知県立蒲郡(がまごおり)高校から、2010年の育成ドラフト4巡目でホークスに入団した。この年ホークスはドラフトで5人、育成ドラフトでは6人を指名しており、合計で11人が入団したのだが、千賀選手はそのうちも9番目ということだ。蒲郡高校も野球部でいえば有名というわけではなく、他球団のスカウトたちも全くのノーマークだった。
なぜ、そんな千賀選手がホークスから指名を受けたのかというと、当時スカウトだった小川和夫氏が、交流のあった愛知県内のスポーツショップ経営者からの推薦を受けて、調査に入ったからだそうだ。しかし、当時から最速144km/hを誇っており、その関節のしなやかさもあってか、小川氏の目には原石のように映っていたのだろう。小川氏にとっても千賀選手にとっても、運命的な出来事となった。
こうして始まったプロの生活だが、2011年の1年目となったシーズンでは、2軍戦にも1試合も登板しなかった。千賀選手をスカウトした小川和夫氏が2軍の監督となり、千賀選手には3軍で基礎体力の強化に努めるよう指示したからだ。しかしその結果、ストレートは150キロを計測するようになり、大幅なパワーアップを遂げた。シーズン終了後にはみやざきフェニックスリーグの試合にも登板し、実績を積んでいく。

おすすめの記事