「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
中日ドラゴンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

セリーグ屈指の強豪チーム中日ドラゴンズの歴代監督達が、チームに残していったモノを知りたいと思わないだろうか。
今回は3人の歴代監督にスポットを当て、彼らがチームの残したモノについて分析する。

落合博満

落合博満監督は2004年?2008年の5年間、チームを率いた中日ドラゴンズ史上きっての名将だ。就任5年間でリーグ優勝2回、日本一も1回達成している。 監督としての実績のみならず、野球選手 落合博満としてもすばらしい成績を残している。なかでも印象に残っているのは、82年に史上最年少で獲得した三冠王だろう。
そんな落合監督がドラゴンズに残したものと言えば、「基本練習の反復の大切さ」ではないだろうか。頭脳派、技巧派野球を好むことから落合監督はミーティングをしっかりやりそうなイメージだ。しかし、実際にはシーズン開幕の最初の一回を除いてまったくミーティングを開かなかったそうだ。
ミーティングを重要なものだとは考えていなかった落合監督が重視したのが、「走る」という運動の基本動作と「打つ、投げる、捕る」という野球の基本動作だ。キャンプが始まってから、この基本動作について選手達にかなり激しい練習量を課したことで有名だ。 この基本練習のあくなき反復によって、実績が残せたのだ。

山田久志

山田久志監督はシーズン途中で監督を解雇されてしまったので、実質わずか2年に満たない期間しか務めていない。しかし、彼がわずかな期間に残したものは、今でも中日ファンの間ですばらしかったと語り草となっている。
それは福留孝介選手を育てあげたこと。福留選手と言えば、長年、守備ポジションが固定されなかったことが問題だった。しかし、彼のポジションを山田監督が外野手として固定。ここから福留選手の大活躍がはじまる。 彼以外にも「アライバ」の愛称で親しまれた荒木雅博選手や井端弘和選手、その後の中日躍進の原動力にもなった鉄壁の投手陣の構築など、それまで日の目を見なかった選手達を辛抱強く使い、名選手へ育てあげた。
山田監督が今でも中日ファンの間で名将だったと言われるのが良く分かる。

おすすめの記事