「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道日本ハムファイターズの必勝パターン

2016 8/13 06:01
中田選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com


2016年北海道日本ハムファイターズを応援している方へ。
北海道日本ハムファイターズの主力選手を中心に、必勝パターンを紹介したいと思います。 この記事では、スター選手が数多く揃う北海道日本ハムファイターズの必勝パターンをチェックすることで、あなたを立派な日ハム通にしますよ。
※本記事は2016年5月16日現在での情報を基にしています。

抑えにつなげ!いぶし銀のセットアッパー

2016年の北海道日本ハムファイターズの必勝パターンは、先発から抑えにつなぐセットアッパーの存在抜きには語れません。
左のサイドハンド、宮西尚生投手です。 2008年の入団から中継ぎ一筋で9年間実績をコツコツを積み上げてきました。サイドスロー特有の角度のあるボールで累計200のホールドポイントを達成しました。 これはパリーグ初となる快挙で、まだ宮西投手は30歳。これからまだまだ数字を伸ばしていってくれることでしょう。

投打の要!二刀流大谷

北海道日本パムファイターズの二刀流といえば、大谷翔平選手はあまりに有名ですよね。
今年はまだ規定打席数に達していないのですが、63打数21安打、8本塁打と好成績を残しています。 主軸を打つようになると相手チームから研究されて、なかなか打てないケースもあるのですが、そんな素振りはまったく感じさせません。むしろチームの主砲へと成長してくれているのではないでしょうか。
反面、投手成績は勝てない日が続いています。160km/hを超える速球とフォークを武器にしっかり抑えて、打線の援護射撃があれば、先発大谷から宮西へとつなぐ必勝パターンへ持っていくことができそうですね。

おすすめの記事