「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉ロッテ伊東勤監督の熊本への思い

2016 8/13 06:01
熊本,山岳風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年のペナントレースが開幕してから、パ・リーグは大方の予想通り福岡ソフトバンクホークスが独走をしようかという状況に千葉ロッテマリーンズが懸命に待ったをかけています。
今回は、そんな千葉ロッテを率いる伊東勤監督の経歴と、故郷熊本への思いを語っていきます。

伊東監督の選手時代の隆盛

現在千葉ロッテの指揮を執る伊東監督ですが、自身の現役時代は西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)一筋の選手でした。高校時代、故郷の熊本で野球をしていた時からすでに才能を認められ、ドラフト1位でライオンズに入団した伊東監督は、数年でキャッチャーのレギュラーポジションをつかみ取ります。当初は先輩投手にサインを無視されたりして苦しんだものの、やがて全幅の信頼を置かれるようになり「常勝西武」と評されたライオンズの黄金時代を支えることになりました。
個人、チームどちらにおいても申し分ない活躍により、現役を退く前からライオンズの次期監督のレールを引かれるほどの大きな存在感を持つ選手になったのです。

西武監督時代の苦労

しかし、監督生活に入ると一転して苦しむことになります。就任初年度は日本一にこそなりましたが、パ・リーグのプレーオフ制度に助けられた形で、実際はダイエーホークスに後れをとる2位。そして2007年には5位に終わりライオンズを26年ぶりのBクラスに落としてしまいます。この成績によりライオンズは伊東監督にセレモニーすら用意せず、事実上の解任を決定。
伊東監督自身も悔しさを感じ、長年過ごしたライオンズと楔を分かつことを決断しました。

おすすめの記事