「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年パ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

全ては大谷翔平選手にかかっている!北海道日本ハムファイターズ

2016年シーズンから引き続いての日本一連覇を狙う北海道日本ハムファイターズ。注目されるのは大谷翔平選手でしょう。
大谷選手は日本シリーズで痛めた右足首の状態が回復せず第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表も辞退。日本ハムでも別メニュー調整を行うなど、仕上がりについて不安視されていましたが3月上旬から実戦に復帰。野手としての出場にはめどが立っています。
しかし、投手としての出場がどの時期になるかで年間のプランが大きく変わりそうです。大谷選手不在の間に有原航平選手、高梨裕稔選手ら2016年に実績を残した投手たちが、どれだけ踏ん張れるかがポイントです。
野手陣を見ると陽岱鋼選手の穴をどのように埋めるかが鍵となりそうです。トレードで獲得した大田泰示選手もオープン戦で負傷。復帰は4月半ば以降となっており岡大海選手、近藤健介選手らに期待がかかります。

投手陣の起用法がポイント!福岡ソフトバンクホークス

2016年は世紀の大逆転負けを喫した福岡ソフトバンクホークス。投手陣は和田毅選手、武田翔太選手、千賀滉大選手、リック・バンデンハーク選手、東浜巨選手、中田賢一選手と先発投手陣は充実しています。
更には実績のある攝津正選手、若手有望株の石川柊太選手など多くの選手達が出番を待っており起用法が大事になりそうです。調子を見極めつつ戦力の底上げを工藤公康監督が行えるのかに注目が集まります。
WBCから合流する先発陣のバンデンハーク選手、武田選手、千賀選手らは仕上がりが早いためシーズン半ばでの息切れに要注意です。
一方で野手陣には不安が残ります。柳田悠岐選手が故障で出遅れたことで調整が不十分。内野陣では内川聖一選手、本多雄一選手、松田宣浩選手と30代半ばに差し掛かっており1年間フル出場することが難しくなります。バックアップメンバーをどのように起用するかがポイントとなりそうです。
しかし、2017年シーズンからデスパイネ選手が加わったことで破壊力が増したことは確かです。2015年シーズンの李大浩選手のような活躍に期待がかかります。

おすすめの記事