2017年パ・リーグ各球団のポイントはどこ?|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年パ・リーグ各球団のポイントはどこ?


全ては大谷翔平選手にかかっている!北海道日本ハムファイターズ

2016年シーズンから引き続いての日本一連覇を狙う北海道日本ハムファイターズ。注目されるのは大谷翔平選手でしょう。
大谷選手は日本シリーズで痛めた右足首の状態が回復せず第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表も辞退。日本ハムでも別メニュー調整を行うなど、仕上がりについて不安視されていましたが3月上旬から実戦に復帰。野手としての出場にはめどが立っています。
しかし、投手としての出場がどの時期になるかで年間のプランが大きく変わりそうです。大谷選手不在の間に有原航平選手、高梨裕稔選手ら2016年に実績を残した投手たちが、どれだけ踏ん張れるかがポイントです。
野手陣を見ると陽岱鋼選手の穴をどのように埋めるかが鍵となりそうです。トレードで獲得した大田泰示選手もオープン戦で負傷。復帰は4月半ば以降となっており岡大海選手、近藤健介選手らに期待がかかります。

投手陣の起用法がポイント!福岡ソフトバンクホークス

2016年は世紀の大逆転負けを喫した福岡ソフトバンクホークス。投手陣は和田毅選手、武田翔太選手、千賀滉大選手、リック・バンデンハーク選手、東浜巨選手、中田賢一選手と先発投手陣は充実しています。
更には実績のある攝津正選手、若手有望株の石川柊太選手など多くの選手達が出番を待っており起用法が大事になりそうです。調子を見極めつつ戦力の底上げを工藤公康監督が行えるのかに注目が集まります。
WBCから合流する先発陣のバンデンハーク選手、武田選手、千賀選手らは仕上がりが早いためシーズン半ばでの息切れに要注意です。
一方で野手陣には不安が残ります。柳田悠岐選手が故障で出遅れたことで調整が不十分。内野陣では内川聖一選手、本多雄一選手、松田宣浩選手と30代半ばに差し掛かっており1年間フル出場することが難しくなります。バックアップメンバーをどのように起用するかがポイントとなりそうです。
しかし、2017年シーズンからデスパイネ選手が加わったことで破壊力が増したことは確かです。2015年シーズンの李大浩選手のような活躍に期待がかかります。

デスパイネ選手の穴をどう埋める!千葉ロッテマリーンズ

オープン戦では投手陣が好調ぶりを発揮。先発投手陣が例年になく充実しています。エースである涌井秀章選手、石川歩選手の2枚看板を軸にスタンリッジ選手、唐川侑己選手、大嶺祐太選手、西野勇士選手、佐々木千隼選手、二木康太選手らで残りの枠を争います。
なかでも西野選手は2016年シーズンにクローザーを務めており、2017年シーズンからの先発転向のため先発投手としての調整が課題になりそうです。2016年シーズンにおける日本ハムの増井浩俊選手のような活躍が出来れば優勝が近づきそうです。
打線は2016年シーズンにチーム総本塁打(80本)の30%(24本)を叩き出していたデスパイネ選手の穴を埋められるかがポイントです。新外国人選手として加入したダフィー選手、パラデス選手はオープン戦では打撃順調ですが、シーズンを通して働けるのかがに注目が集まります。
また、主将の鈴木大地選手が遊撃手から二塁手へとコンバートされました。遊撃手の穴を平沢大河選手、中村奨悟選手、三木亮選手らで争いますが一年を通じて固定できるかが大事です。守備の要となるセンターラインだけに誰が起用されるのかがポイントになってきます。

主軸のケガに注意!埼玉西武ライオンズ

シーズンオフに岸孝之選手がFA権を行使し東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。エースの穴をどのように埋めるかが最重要ポイントです。
辻発彦新監督は菊池雄星選手を開幕投手に指名し、エースとして育てる方針を取りました。その菊池選手に続くのは多和田真三郎選手、高橋光成選手、ウルフ選手らです。新外国人のキャンデラリオ選手、シーズンオフのウインターリーグでブレイクした本田圭佑選手が戦力になれないと層が薄く一年間戦い抜くことが難しくなりそうです。
打線はウイークポイントでもあった遊撃手を新人の源田壮亮選手が埋めることにより穴はなくなりそうです。「打てる捕手」としての活躍が期待されていた森友哉選手が骨折したことで出遅れていますが、炭谷銀仁朗選手がいるため大きな不安はありません。中村剛也選手、メヒア選手といった長距離砲がケガをせずに一年間を通じて戦えるかが鍵となりそうです。

中継ぎ陣をどう回す!?東北楽天ゴールデンイーグルス

岸孝之選手が加わり則本昂大選手とのダブルエースは強力となりました。それに続く三番手として期待されていた安楽智大選手が故障で開幕絶望となったのは残念です。しかし、森雄大選手、辛島航選手、釜田佳直選手、美馬学選手ら投手は揃っているので復帰までローテーションを回すことはできそうです。
不安なのはリリーフ陣でしょう。松井裕樹選手に繋ぐ役割を担う投手で信頼のおける選手が福山博之選手、金刃憲人選手の2人となっており一年間を戦い抜くには層が薄くなっています。中継ぎ陣の台頭がポイントとなりそうです。
打線は外国人野手が3人残留となり計算は立ちやすくなりました。不安点はWBC日本代表も直前で辞退した嶋基宏選手の復調具合でしょうか。試合には出場していますが一年間を通じて戦えるかに不安が残ります。
また、2016年シーズン新人ながら遊撃手のレギュラーを獲得した茂木栄五郎選手が2年目も同様の成績を残せるかに注目です。遊撃手だけに選手の入れ替えをせずに固定して戦いたいところです。

吉田正尚選手の状態が鍵のオリックス・バファローズ

2016年シーズンはオープン戦、交流戦、シーズン、二軍と全てにおいて最下位となってしまったオリックス・バファローズ。
投手陣には明るい材料が多くなっています。ドラフト1位ルーキーの山岡泰輔選手、2位の黒木優太選手、8位の澤田圭佑選手が揃って好投。戦力としてめどが立ち先発、中継ぎに厚みが増しました。
また、新外国人選手のコーク選手も先発として結果を残しており、2016年シーズンに比べ層に厚みが増したのです。また、金子千尋選手、西勇輝選手といった実績のある選手たちもオープン戦から結果を残しており先発は揃ったといえるでしょう。
野手陣ではT-岡田選手、吉田正尚選手、ロメロ選手の4番候補に注目です。ロメロ選手はオープン戦から好調でシーズン開幕後の活躍が見込まれます。元メジャーリーガーの実力に期待です。
一方で、吉田選手は自打球で欠場するなど万全ではなく、また開幕一週間前にも腰痛で様子見となるなど不安が残っています。2016年シーズンも腰痛で4ヶ月戦列を離れており、ケガなく1年間戦えるかが鍵となりそうです。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!