「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年セ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball glove
このエントリーをはてなブックマークに追加

投手陣の充実が鍵!東京ヤクルトスワローズ

侍ジャパンでは1番指名打者として活躍した山田哲人選手。オランダ代表として大活躍を果たしたバレンティン選手がクリーンアップに座る打線は強力です。上位打線には坂口智隆選手、西浦直亨選手らが座る見込みです。川端慎吾選手が出遅れていることが心配されていますがそれ以外に不安要素はなさそうです。
課題となるのはやはり投手陣です。2016年シーズンは先発、中継ぎともに総崩れで結果を残したのは秋吉亮選手、ルーキ選手の2人のみです。しかし、オフに補強した新外国人のオーレンドルフ選手、ブキャナン選手が揃ってオープン戦で結果を出しており先発ローテーションは厚みが増しそうです。
抑えは秋吉選手と真中満監督が明言していますが、ドラフト2位ルーキーの星知弥選手も中継ぎとしての活躍が期待され7回、8回のセットアッパー的なポジションを任されることになるでしょう。
2015年シーズンに優勝したときのようにリリーフ陣が固まれば、上位争いも夢ではありません。

ベテランの復帰に期待したい中日ドラゴンズ

新外国人のゲレーロ選手が日本の野球にどれくらい適応できるかがポイントです。2016年シーズン開幕当初のビシエド選手のような活躍ができればゲレーロ選手、ビシエド選手、平田良介選手で強力なクリーンアップが完成します。この3人が機能することが上位浮上の絶対条件です。
投手陣では吉見一起選手、大野雄大選手の仕上がりがよく左右のエースが今シーズンは開幕から揃っており柱は安定しそうです。また、2015年シーズンに4勝12敗、2016年シーズンに1勝8敗と2年連続で期待を裏切ってしまった山井大介選手がオープン戦で好調。2017年シーズンは大野選手、吉見選手についで先発ローテーションを担いそうです。
また、リリーフ陣では2016年シーズンに一軍登板機会のなかった浅尾拓也選手がオープン戦で登板。復活を印象づけており山井選手とともにチームの力になることが期待されています。ベテランの岩瀬仁紀選手も進退をかけたシーズンということでオープン戦から好投。2016年シーズンに悔しい思いをした山井選手、浅尾選手、岩瀬選手の復活で投手陣は充実します。ベテランたちの復活が最大の戦力アップとなりそうです。

おすすめの記事