「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年セ・リーグ各球団のポイントはどこ?

2017 5/17 09:55cut
baseball glove
このエントリーをはてなブックマークに追加

センターラインがポイント!広島東洋カープ

セ・リーグ二連覇を狙う広島東洋カープは菊池涼介選手、田中広輔選手、鈴木誠也選手の3人が第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加していました。特に菊池選手、田中選手はチームの核となるセンターラインということもあり、連携プレーの練習をチームとして行えなかったのはマイナスポイントかもしれません。
一方で、3月上旬から試合があったために仕上がりが早いのはメリットでもあります。2016年シーズン同様に1年間ケガなく働けるかがポイントとなりそうです。中堅手の丸佳浩選手を含めて一人でも欠けると連覇は厳しくなりそうです。
投手陣は黒田博樹選手の穴をどのように埋めるかがポイントとなります。10勝、151.2回という勝利数や投球回数だけではなく精神的な部分が大事になりそうです。151.2回という投球回数は大瀬良大地選手、新人の加藤拓也選手、床田寛樹選手で埋めてくれることに期待がかかりそうです。
加藤選手はキャンプでの紅白戦、練習試合、オープン戦と球数は多いものの試合を作ることはできており一軍での活躍が期待できそうです。
センターラインの選手の健康、黒田選手の穴埋めが今年のポイントとなりそうです。

戦力をどう使いこなす?読売ジャイアンツ

2年連続優勝を逃した読売ジャイアンツ(巨人)はシーズンオフに大補強を行いました。投手陣では山口俊選手、吉川光夫選手、森福允彦選手、カミネロ選手を獲得。野手陣では陽岱鋼選手、マギー選手、石川慎吾選手が加入と近年まれに見る大盤振る舞いとなりました。
これらの選手の獲得により先発投手、中継ぎ投手、中堅手、ベテランのスペアが埋まったといえそうです。しかし、陽選手、山口選手は自主トレ、キャンプで一軍合流が遅れるなど調整に不安があり開幕から万全の状態で臨めるわけではありません。巨大な戦力の持ち腐れということも十分に考えられます。
これらの新加入選手、既存の選手を噛み合わせチームとして運営する監督の手腕が問われます。2017年シーズンが2年目となる高橋由伸監督の采配、用兵がチームの常勝を担うことになりそうです。

おすすめの記事