「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

決起集会での一言が飛躍のキッカケに!岡島豪郎選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,field
このエントリーをはてなブックマークに追加

白鴎大学の同期から3人のプロ入り

岡島豪郎選手は群馬県出身で地元の関東学園大付属高校へと進学。甲子園への出場はなく白鴎大学へと進み野球を続ける。白鴎大学は関甲新学生野球連盟に所属する学校で上武大学、関東学園大学らとリーグ優勝を争う大学だ。

過去の卒業生では飯原誉士選手(ヤクルト)、高谷裕亮選手(ソフトバンク)らがプロ野球で活躍。岡島選手以降にも塚田正義選手(ソフトバンク)、ルシアノ・フェルアンド選手(楽天)、そして2016年のドラフトでは阪神から1位で大山悠輔選手、西武から2位で中塚駿太選手が指名されている。

岡島選手は1年時から試合に出場し4年間でベストナイン、首位打者、最多打点を獲得し注目を浴びる存在ではあった。当時のポジションは外野手、捕手と両方を行っておりベストナインは外野手として獲得している。

4年時にはプロ志望届を提出しドラフトでの指名をチームメートとともに待った。この年、白鴎大学からは岡島選手の他に塚田選手、金伏ウーゴ選手がプロ志望届を提出していたのだ。金伏選手は育成指名だったが3名とも無事に指名をもらえプロ野球の世界へと進んだ。

捕手から外野へのコンバート

2011年ドラフト4位で楽天に入団した岡島選手は1年目に、嶋基宏選手という正捕手がいる中で43試合へ出場。打率.258、2本塁打、11打点の成績を残す。しかし、嶋選手が故障離脱中に出場した試合が多くレギュラー奪取には遠い状況だった。

翌2013年、星野仙一監督は打撃の良い岡島選手をどうにか試合に出そうと思案。そのときに岡島選手は外野での守備練習を始めたのだ。大学時代に外野を守ったこともあり完全な初心者ではない。その努力が実りシーズン序盤の5月に代走で出塁後初めて右翼の守備についた。その後は代走、捕手としての出場が続いたが6月30日に左翼で初めてのスタメン出場するなど少しずつステップアップを図る。

初スタメンから約1ヶ月後の7月31日に1番右翼で出場するとシーズン終了までレギュラーの座を渡さない。捕手でありながら外野の守備練習をこなしレギュラーを獲得した岡島選手はこのシーズンに規定打席には届かないものの打率.323、1本、13打点と好成績をマーク。球団史上初のリーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

飛躍の1年となった2013年だがスタメン定着にはある出来事があったのだ。

おすすめの記事