「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

困難を乗り越え打点王へ!小谷野栄一選手

2017 5/17 09:55cut
baseball ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

松坂大輔選手とチームメートだったリトルシニア時代

小谷野栄一選手は江戸川南リトルシニアで野球を行っており松坂大輔選手(ソフトバンク)とチームメートだった。中学卒業後、松坂選手は神奈川県の横浜高校へ、小谷野選手は西東京の強豪創価高校へと進学する。

小谷野選手は創価高校で3年春の甲子園に出場し初戦でPL学園高校と対戦する。この試合で創価高校はPL学園相手に7安打を放つが、エースの上重聡選手から1点も奪うことができずに0-9と完封負け。小谷野選手は3番二塁で出場するが快音は聞こえなかった。PL学園は準決勝で松坂選手率いる横浜高校に2-3で惜敗。小谷野選手の仇を松坂選手が討った形となった。

小谷野選手は3年夏の甲子園に出場することは叶わず、甲子園でプレーしたのはPL学園戦の1試合のみだ。松坂選手が春夏連覇を果たし、ドラフト1位でプロ入りを果たすのを見ながら創価大学へと進学する。

当時の創価大学は東京新大学野球連盟の強豪でリーグ内で無類の強さを誇っていた。小谷野選手以前には中村隼人選手(日本ハム)、阿久根綱吉選手(日本ハム)らがプロ入りを果たしている。その強豪大学に小谷野選手は進んだのだ。

小谷野選手以降でも新人王に輝いた小川泰弘選手(ヤクルト)、2016年ドラフトの目玉だった田中正義選手(ソフトバンク)らを輩出している。

大活躍の創価大学時代

創価高校から創価大学に進学した小谷野選手は1年秋からレギュラーとして試合に出場。東京新大学野球連盟1部リーグの優勝に貢献する。1年秋から3年春までの4季連続で1部リーグ優勝を果たし3年春には全日本大学野球選手権大会で7年ぶりとなるベスト8進出を果たした。

3年秋のリーグ戦で2位となったものの4年時には春秋連覇を果たしている。4年間の通算打率.343、53打点と好成績を残しており、ドラフト候補として名前が取り上げられるようになった。

そして、2002年のドラフト会議で小谷野選手は日本ハムファイターズから5位で指名され入団に至るのだ。このドラフトでは小谷野選手の1巡前にクローザーとして活躍することになる武田久選手が指名されている。また、創価大学の先輩である中村選手もチームに在籍していた。

おすすめの記事