「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

気が早い!?2021年WBCの日本代表4番候補・吉田正尚選手

2017 5/17 09:55cut
baseball home run
このエントリーをはてなブックマークに追加

後にプロの世界で戦う選手と甲子園の舞台で激突

2016年シーズン新人ながら豪快なフルスイングで野球ファンを魅了したオリックスの吉田正尚(よしだまさたか)選手。将来、日本代表のスラッガーとして世界の舞台で活躍してくれることを期待されている。

吉田選手は福井県の名門ボーイズリーグである鯖江ボーイズでプレーし敦賀気比高校に進学する。高校時代に吉田選手は1年の夏から4番として甲子園に出場。1回戦で東京の強豪校である帝京高校と対戦する。帝京高校戦で吉田選手は4打数1安打と抑え込まれチームも敗退してしまう。この試合で敦賀気比の先発として登板した山田修義(やまだのぶよし)選手はその後、オリックスに入団し吉田選手と再びチームメートになった。

また、この試合、帝京の5番で最上級生として原口文仁選手(阪神)が出場しており2安打2打点の活躍。吉田選手と同じ1年生では松本剛選手(日本ハム)、伊藤拓郎選手(元DeNA)も出場している。

2年春の選抜甲子園にも出場した敦賀気比は準々決勝で日大三高と対戦する。日大三高はエースで山崎福也選手(オリックス)、1番打者に高山俊選手(阪神)、4番に横尾俊建選手(日本ハム)と3名のプロ野球選手を擁しており0-10と完敗してしまった。このように、吉田選手は高校時代から多くのプロ野球選手と戦ってきたのだ。

青山学院大学時代は国際大会で結果を残せず

吉田選手は高校時代にプロ志望届は提出せず、東都大学野球連盟の青山学院大学に進学する。青山学院大学は小久保裕紀日本代表監督、名球会入りを果たしている井口資仁選手(ロッテ)、現役最多勝左腕である石川雅規選手(ヤクルト)など多くの名選手を輩出している名門大学だ。

吉田選手は入学後1年春季リーグからレギュラーを獲得し試合に出場する。そして、ルーキーシーズンながら打率.311、1本塁打、7打点を記録しベストナインに選ばれたのだ。この当時から吉田選手は注目度が高く大学での成長に大きな期待がかかっていた。

リーグ戦での活躍が認められた吉田選手は2年夏に日米大学野球の日本代表に選出される。この時のメンバーは杉浦稔大選手(國學院大→ヤクルト)、山崎康晃選手(亜細亜大→DeNA)、岡大海選手(明治大→日本ハム)など後のプロ野球選手が多く選ばれた大会でもある。

この大会で日本代表は3勝2敗の末にアメリカ代表に勝利するが、吉田選手は14打数1安打と結果を残すことができなかった。これ以降も日本代表に選出されている吉田選手だが通算打率.232と結果を出すことができない。

しかし、東都大学通算(二部含む)では打率.307、17本塁打、63打点の成績を残しドラフト1位指名候補として取り上げられることも多かった吉田選手。2015年のドラフト会議ではオリックスから1位指名を受け入団に至る。

おすすめの記事